Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、修正される問題と、Microsoft System Center 2016 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 5 に含まれる機能強化について説明します。 この記事には、この更新プログラムの インストール手順 も含まれています。

修正される問題と含まれる機能強化

  • PowerShell モジュール用の SCOM コンソールとService Manager コンソールを同じサーバーに共存できるようになりました。

    メモこの問題を解決するには、SCOM 更新プログラム ロールアップ 5 (この更新プログラム) とService Manager更新プログラム ロールアップ 5 (更新プログラム KB 4093685) の両方をインストールする必要があります。

  • Active Directory 統合ルールは、アップグレードされた 2016 管理グループでは表示または編集できません。 これにより、アップグレードされた管理グループでの Active Directory 統合の割り当ての継続的な管理が防止されます。

  • サーバー上のUNIXホスト名が小文字の場合、OS と MonitoredBy の情報が Unix/Linux コンピューター ビューに正しく表示されません。

  • Active Directory 統合エージェントは、正しいフェールオーバー サーバー情報を表示しません。

  • Web コンソールのパフォーマンス ビューは、Web コンソールの再起動または更新後にカウンターの選択を保持しません。

  • PowerShell コマンドレット Get-SCXAgent は、"このコマンドレットには PowerShell バージョン 3.0 以降が必要です" というエラーで失敗します。

  • SCOM 2016 から SCOM 1801 へのアップグレード中に、レポート サーバーが管理サーバー以外のサーバーにインストールされている場合、アップグレードは失敗します。 さらに、"このコンポーネントが報告する管理サーバーはアップグレードされていません" というエラー メッセージが表示されます。

  • 操作コンソールを使用してグループ名が変更された場合、 Get-SCOMGroup コマンドレットは、変更されたグループ名を含むグループ データを取得しません。

  • エラー HTTP 500 は、Web コンソールを介してダイアグラム ビューにアクセスすると発生します。

  • SCOM 2016 にアップグレードした後に Linux 管理パックをダウンロードすると、"OpsMgr Management Configuration Service で構成要求の処理に失敗しました (Xml 構成ファイルまたは管理パック要求)" というエラーが発生します。

  • SQLCommand Timeout プロパティは公開されるため、ランダムで予想されるデータ シナリオの流入を管理するために、ユーザーが動的に調整できます。

  • MonitoringHost プロセスがクラッシュし、"System.OverflowException: Value was too large or too small for a Int32" という例外が返されます。

  • SCOM コンソールを使用して日本版のMicrosoft Officeを使用して会社の知識を編集すると、エラー (英語で翻訳) "Microsoft Wordを起動できませんでした。 Microsoft Wordがインストールされていることを確認してください。 次のエラー メッセージが表示されます。指定した名前のアイテムが存在しません」と表示されます。

  • Silverlight ダッシュボードにアクセスすると、証明書の問題が原因で "Web コンソール構成が必要" というメッセージが表示されます。

  • Microsoft.SystemCenter.ManagementPack.おすすめでは、大文字と小文字が区別される照合順序を持つMicrosoft SQL Serverのインスタンスに対してエラーがログに記録されます。

  • JBoss アプリケーション サーバーのインストールがカスタマイズされている場合、詳細監視ではエラー "Discovery_Not_Found" が表示されます。

  • AIX を使用する IBM Power 8 サーバーで、Ancer ドライバーのサポートを追加します。

  • ComputerOptIncompatibleMonitor モニターは、Microsoft.SystemCenter で無効になっています。アドバイザー。内部管理パック。 このモニターは無効です。

System Center 2016 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 5 を取得する方法

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Operations Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [開始] を選択し、コントロール パネルを選択します。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] を選択します。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] を選択します。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、OK を選択します

  6. [更新プログラムのインストール ] を選択して、更新プログラム パッケージをインストールします。

コンピューターでWindows Server 2016以降を実行している場合は、次の手順に従います。

  1. [開始] を選択し、設定を選択します。

  2. 設定で、[セキュリティの更新&] を選択します。

  3. [Windows Update] タブで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] を選択します。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] を選択します。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、OK を選択します

  6. [更新プログラムのインストール ] を選択して、更新プログラム パッケージをインストールします。

手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

 Operations Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Operations Manager のインストール手順

インストール に関する注意事項

  • 重要 この更新プログラムロールアップをアンインストールできるようにするには、更新プログラム ロールアップ 5 をインストールする前に、2016 Operations Manager 更新プログラム ロールアップ 2 以降のバージョンをインストールSystem Center必要があります。

  • この更新プログラムロールアップ パッケージは、次の言語で Microsoft Update から入手できます。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • 英語 (ENU)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ハンガリー語 (HUN)

    • イタリア語 (ITA)

    • 日本語 (JPN)

    • 韓国語 (KOR)

    • ポーランド語 (POL)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (PTG)

    • ロシア語 (RUS)

    • スペイン語 (ESN)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

  • 一部のコンポーネントは多言語であり、これらのコンポーネントの更新プログラムはローカライズされません。

  • この更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。

  • 本体の更新プログラムを適用した後でコンピューターを再起動しない場合は、コンソール ロールの更新プログラムを適用する前に本体を閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight でブラウザー キャッシュをクリアし、Silverlight を再起動します。

  • 2016 Operations Manager System Centerインストールした直後に更新プログラムのロールアップを適用しないでください。 更新プログラムのロールアップを適用する前に、新しい管理グループのデプロイ後に数時間待ちます。

  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、管理者特権のコマンド プロンプトから .msp 更新ファイルを実行します。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスに対するシステム管理者権限が必要です。

サポートされているインストール順序

  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • コレクション サービスの監査

    • Web コンソール サーバーの役割コンピューター

    • ゲートウェイ

    • オペレーション コンソールの役割コンピューター

    • レポート

  2. SQL スクリプトを適用します。

  3. 管理パックを手動でインポートします。

  4. エージェントの更新プログラムを適用します。

  5. Nano Agent 更新プログラムを手動でインストールされたエージェントに適用するか、オペレーション コンソールの [保留中] ビューからインストールをプッシュします。

  6. Unix/Linux の MP とエージェントを更新します。

Operations Manager の更新プログラム

更新プログラムロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Update が各コンピューターに提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 Microsoft Update では、各コンピューターにインストールされているコンポーネントに応じて、適切な更新プログラムが提供されます。 または 、Microsoft Update カタログからダウンロードします。

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    メモMSP ファイルは、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、Web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 サーバーが保持する特定のロールごとに、サーバーに 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース サーバーで次のデータベース SQL スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql

    : このスクリプトは、次のパスにあります。

    %SystemDrive%\Program Files\System Center 2016\Operations Manager\Server\SQL Script for Update Rollups

  4. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Image.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

    • マイクロソフト。Windows.InternetInformationServices.CommonLibrary.mp

    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.AM.DR.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.SummaryDashboard.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。リソース。(LANGUAGECODE_3LTR).mpb

    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.ACS.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.ServiceLevelComponents.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.mpb

    • マイクロソフト。Windows.Cluster.Library.mp

ディスクから管理パックをインポートする方法については、Microsoft TechNet Web サイトの Operations Manager 管理パックをインポート、エクスポート、および削除する方法に関するトピックを参照してください。

 管理パックは、次の場所にあるサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2016\Operations Manager\Server\Management Pack for Update Rollups

Nano Agent の更新

Nano Agent への更新プログラムを手動でインストールするには、 KB3209591-8.0.10913.0-NanoAgent.cab ファイルをダウンロードします。 この更新プログラムは、次の PowerShell スクリプトを使用して Nano Agent システムにインストールできます。

.\UpdateNanoServerScomAgentOnline.ps1
 -NanoServerFQDN <FQDN of target Nano Server>
 -BinaryFolder <Path where the update .cab is already expanded OR path to one or more Nano-agent update .cab files>
 -IsCabExpanded <$true if BinaryFolder path is to an expanded .cab, $false if it is for a packed .cab file(s)>
 -RemoveBackup <$true to remove the previous binaries from the agent machine>

 UpdateNanoServerScomAgentOnline.ps1 ファイルは、次の形式で入手できます。

%SystemDrive%\Program Files\Microsoft System Center 2016\Operations Manager\Server\AgentManagement\Nano\NanoServer

UNIXおよび Linux 管理パックの更新

UNIXおよび Linux オペレーティング システム用に更新された監視パックとエージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. System Center 2016 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 5 (この更新プログラム) を適用します。

  2. "Microsoft System Center 2016 MP for Unix および Linux.msi" ファイルをダウンロードします。

    UNIXおよび Linux オペレーティング システム用のSystem Center管理パック

  3. 管理パックの更新パッケージをインストールして、管理パック ファイルを抽出します。

  4. 環境内で監視している Linux またはUNIXのバージョンごとに、更新された管理パックをインポートします。

  5. Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたはオペレーション コンソールの [管理] ウィンドウの [UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザード] を使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid

 PatchCodeGuid プレースホルダーは、次のいずれかの GUID を表します。

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{48003625-B639-4ACF-A607-740AE4451E49}

エージェント

amd64

Ja

{A9DD2725-A54F-4B9F-9D3F-3AA7C1B9BC7B}

ACS

amd64

Ja

{383CFB77-4913-4720-9993-2E7EFBEA6EE7}

コンソール

amd64

Ja

{CA0FD4E9-1BBF-48B4-AFBE-646390A51A48}

レポート

amd64

Ja

{B8442D02-5240-45C7-B01C-4D892F385FDB}

WebConsole

amd64

Ja

{E3037D78-0BFB-47B9-BA75-2618483FED6F}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{D44DF6F0-F5EC-4C5E-BAB1-13169E07A4CE}

サーバー

amd64

Ja

{DD078BBB-9C66-4AED-AE78-B01F09B97E0C}

エージェント

x86

Ja

{DB0BDEA0-BA5A-4E66-A68A-7E4BB3139245}

コンソール

x86

Ja

{4F2443E6-24E8-4866-9E31-D4FAFA709EE5}

エージェント

amd64

Ja

{B1720AF4-EC3D-4442-98E0-D637116C880A}

ACS

amd64

Ja

{FB20411C-F106-4B21-A09F-942A8BD91A26}

コンソール

amd64

Ja

{41EAD9BF-8B94-414D-85C3-F64FFFBFE4F2}

レポート

amd64

Ja

{18284520-DFB8-4089-8B80-5106986DC15F}

WebConsole

amd64

Ja

{5F53E502-E1BE-4F95-8FE6-59AE521E0356}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{60240ECB-E490-488C-BBC3-76CA3B000E01}

サーバー

amd64

Ja

{0CC2F57C-E928-4214-B011-FFF8309183CC}

エージェント

x86

Ja

{22223C1D-073F-4ACF-8AE2-D9C2D8170681}

コンソール

x86

Ja

{EE191392-7A88-4D97-B89E-99DCB327562F}

ACS

amd64

Cn

{1221DC27-D114-488E-90E9-7AAC60C961B3}

コンソール

amd64

Cn

{8450FBB0-68D1-4CA9-B55D-94D034378722}

レポート

amd64

Cn

{8807EB97-A900-4A1D-8092-3410AE916862}

WebConsole

amd64

Cn

{FBBD53D0-108A-4731-A61C-73C89B19BF22}

コンソール

x86

Cn

{C5E34F02-4E55-427A-8B89-16CEE126297A}

ACS

amd64

Cs

{B22A04BF-BD94-4FF1-810B-B431685EAC55}

コンソール

amd64

Cs

{EB49064F-0A20-4B9C-82F2-CFF6FC4DA2B4}

レポート

amd64

Cs

{D4CC45D5-E4FD-4218-A0A9-C99A3DC5DEE4}

WebConsole

amd64

Cs

{FE5D7B60-0717-4CC4-B956-5192E07CA526}

コンソール

x86

Cs

{F454C6DE-1B4D-4910-AE11-99B2BA584C65}

ACS

amd64

{EAC40980-BEC2-447A-ABFB-951AE38897F7}

コンソール

amd64

{B7CB26C8-5CAB-40FE-9205-C09490D5D387}

レポート

amd64

{AF5AC215-525A-4092-BF9D-A0E694449A24}

WebConsole

amd64

{65DAC186-B79C-4EAB-910E-467CADEF849C}

コンソール

x86

{7B27B42B-A8FB-4254-BF82-AA3441D596E9}

ACS

amd64

Es

{466483DE-FA05-4B51-B709-D6B6B50190FC}

コンソール

amd64

Es

{0687F06B-BDDD-4021-B191-C1AF6862AFF7}

レポート

amd64

Es

{57BE01ED-6ECB-45A7-917C-6833402D2236}

WebConsole

amd64

Es

{DD70C0E7-3915-4858-B8DA-721E8D25E1D2}

コンソール

x86

Es

{3A2185A4-D9E2-41F7-B412-E06DB80BB145}

ACS

amd64

神父

{B3C84C16-967B-45B7-B82C-D247A8598B05}

コンソール

amd64

神父

{016FCDED-EA7B-4E76-8C06-D69458C35EF3}

レポート

amd64

神父

{57781F3F-2252-4255-BD3E-5464B71C48B0}

WebConsole

amd64

神父

{4E139B97-A501-44E7-9212-E81F13089D61}

コンソール

x86

神父

{F88A4C1D-DCDA-49E4-9639-04ED57B9A062}

ACS

amd64

{A8C82B76-4321-4602-AE76-8097B7731835}

コンソール

amd64

{35F5F98C-8EC9-48B6-A6F9-A963D8CDA048}

レポート

amd64

{125D1DD4-7037-4F3A-B9B3-B8602FD9DB9E}

WebConsole

amd64

{C759F877-F8A1-4879-A8A1-14B0DE96116A}

コンソール

x86

{EBF51B32-362D-49DA-87EC-E9474F4F4BE4}

ACS

amd64

それ

{96512EC0-2FE1-4333-8D56-4099B1779438}

コンソール

amd64

それ

{85681EE1-E59D-48F5-A4BC-83B739D14527}

レポート

amd64

それ

{1470E6B1-1F08-48C1-8F1E-6F0AF7C6DFDB}

WebConsole

amd64

それ

{770CEC97-5BA4-4E77-9210-AB33AD2C90CB}

コンソール

x86

それ

{CB2BE550-CF28-4801-8BDF-DA7A629476EE}

ACS

amd64

ja

{04547E98-C433-451D-A5C3-24638FDC590B}

コンソール

amd64

ja

{CC65C8ED-888E-49B4-9449-BD3E05ADC0F2}

レポート

amd64

ja

{85FF01E7-6EAA-448A-AAEF-C711E6645234}

WebConsole

amd64

ja

{966D1BF7-EFEC-4F3A-BCF9-6E18BFBF1B33}

コンソール

x86

ja

{CDDD9DB0-2933-4FB3-A38C-7D620DEB71E8}

ACS

amd64

{2EAEC2BF-0031-4C72-AE85-02125E5D5933}

コンソール

amd64

{F0BE378C-7905-49BF-A0AE-0D40EA86C927}

レポート

amd64

{E663DF3C-31BC-4F3C-9838-7C0FF4B39934}

WebConsole

amd64

{80A882DB-A11D-4C51-B7E6-680E7D81267B}

コンソール

x86

{E7EFE5FA-5A51-4FD3-9964-15645CEA3E6B}

ACS

amd64

Nl

{E698C12D-89BD-4032-8674-85141BC20DA1}

コンソール

amd64

Nl

{5C82DD2D-C09C-4864-9420-37BBE2DADB65}

レポート

amd64

Nl

{A742C726-B967-4806-9CC2-FF833FF04BE1}

WebConsole

amd64

Nl

{1BC49078-351C-4FD2-9403-2DFAD2830D3F}

コンソール

x86

Nl

{D4300589-CB01-4C09-A446-664D46D0AA6A}

ACS

amd64

Pl

{E1F5A23F-65D2-43A4-8B8B-BCA794A420F6}

コンソール

amd64

Pl

{A5969383-D5C0-4E0D-8E4F-392B4CA6E3EB}

レポート

amd64

Pl

{5E65A8B0-3165-433D-BAD2-326D29B814E2}

WebConsole

amd64

Pl

{39FECFB5-B272-4474-8FF7-13F331DA16C0}

コンソール

x86

Pl

{25739314-B18C-41DA-A0E8-8F8463B7245A}

ACS

amd64

pt-br

{AE1427DA-D86F-4489-BA84-7E31E6F89AE8}

コンソール

amd64

pt-br

{C1BA99B8-F17F-4F57-AEA1-5717B3447269}

レポート

amd64

pt-br

{BC3B5B0C-DBBF-4416-92DE-E59764F24A0B}

WebConsole

amd64

pt-br

{C1D67251-EC6A-42EF-AF13-D6968021BA47}

コンソール

x86

pt-br

{6B5BAFE2-65BD-4202-B119-F08F59C77B37}

ACS

amd64

pt-pt

{4A5BBACA-1371-4317-B134-4376BF4A80CE}

コンソール

amd64

pt-pt

{51EF061E-9D73-47A7-98E6-D860A8DDC010}

レポート

amd64

pt-pt

{032089FF-ABFF-4AF9-AD92-BDDA17111A05}

WebConsole

amd64

pt-pt

{B1D70A91-357F-4609-B46B-EFA6014E454E}

コンソール

x86

pt-pt

{8144FA08-B990-4C8D-B282-3692677E9B89}

ACS

amd64

Ru

{20220216-D2ED-4348-BF0E-5BDCEDBF51F8}

コンソール

amd64

Ru

{1D06B47A-8F66-441F-A5BC-181E2F7F9831}

レポート

amd64

Ru

{9D93F86C-F748-446D-A66C-E87CAFF7EF72}

WebConsole

amd64

Ru

{52E3279F-11C1-4315-A967-E15161348A55}

コンソール

x86

Ru

{B73FC320-7B65-49B9-A015-72F1AC4E9393}

ACS

amd64

Sv

{FC7F332C-5975-4C0C-B43D-D08448CEF1AC}

コンソール

amd64

Sv

{13E99E5A-B7FB-404E-81CE-6BCF5F1332EE}

レポート

amd64

Sv

{3316DF69-C818-408B-801C-5A6BDB4B7F4B}

WebConsole

amd64

Sv

{E72FCAF5-BF1E-48A0-9B10-560763A66452}

コンソール

x86

Sv

{7CD26F0E-16A8-45AB-ABCD-73B383C14651}

ACS

amd64

Tr

{7227E284-DD35-4147-8DA3-2100EC7B5501}

コンソール

amd64

Tr

{E5817F02-96A3-4433-86D1-DA85870CC10E}

レポート

amd64

Tr

{9D8A3979-9C50-4CB7-82F5-C128B4A64840}

WebConsole

amd64

Tr

{1FAB168F-88E9-4658-A79E-D79CB0F71C00}

コンソール

x86

Tr

{B42B196C-9D26-4020-8DD0-8ABA5F33D7F6}

ACS

amd64

Tw

{511A0A34-850D-4521-9C0E-E538746C8A22}

コンソール

amd64

Tw

{86B74F13-C1BF-4D2B-9D46-43DB75FBCB21}

レポート

amd64

Tw

{05BBDB10-7891-4062-B92E-204509B4666E}

WebConsole

amd64

Tw

{14A400DB-D9F6-422C-AC13-8B5AC8C2CD7B}

コンソール

x86

Tw


さらに、RTMProductCodeGuid プレースホルダーは、次のいずれかの GUID を表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

Agent Amd64

{742D699D-56EB-49CC-A04A-317DE01F31CD}

エージェント X86

{430BF0E7-3BA7-49FF-8BD1-F34F6F1057A6}

サーバー

{1199B530-E226-46DC-B7F4-7891D5AFCF22}

Console Amd64

{E072D8FC-CD31-4ABE-BD65-606965965426}

コンソール X86

{AF337207-0486-4713-AE0F-5CE4110B2D24}

WebConsole

{676EB643-C22A-4EEC-A8CF-13A0719056A5}

ゲートウェイ

{B47D423B-580B-4D57-9AFD-D0325F839FE9}

ACS

{74EF4714-88C0-44D9-B8C7-19BABBFA4D6A}

この更新プログラムロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

更新されたファイル

バージョン

ファイル サイズ

Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.dll

7.2.12016.0

1085 KB

Microsoft.SystemCenter.CrossPlatform.UI.OM.Integration.dll

7.6.1084.0

193 KB

Microsoft.SystemCenter.Internal.mp

7.0.8437.11

63.7kb

Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.MonitoringViews.dll

7.2.12016.0

1.75 MB

OM10.CrossPlatform.Start.PS1

11.3KB

GAC のMicrosoft.EnterpriseManagement.OpertionsManager.dll

7.2.12016.0

1.05Mb

update_rollup_mom_db.sql

N/A

207 KB

Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

7.2.12016.0

N/A

Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.MonitoringViews.dll

7.2.12016.0

1.75 MB

csdal.dll

7.2.12016.0

85 KB

Microsoft.Mom.DiscoveryDatabaseAccess.dll

7.2.12016.0

165 KB

Microsoft.Mom.UI.Common.dll

7.2.12016.0

2.22 MB

OMVersion.dll (MonitoringPortal.xap & DashboardViewer.xap)

7.2.12016.0

17.7 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll

7.5.7487.117

4014 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.Resources.dll

7.5.7487.117

296 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

7.2.12016.0

2500 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.OperationsManager.dll

7.2.12016.0

578 KB

Microsoft.Mom.Sdk.SubServiceManager.dll

7.2.12016.0

38 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.dll

7.2.12016.0

1085 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.Core.dll

7.2.12016.0

693 KB

MPExport.exe

7.2.12016.0

146 KB

Microsoft.Mom.Sdk.ServiceHost.exe

7.2.12016.0

54 KB

この更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

MP/MPB 名

V ersion

サイズ (KB 単位)

Microsoft.AIX.6.1.mpb

7.6.1085.0

23387

Microsoft.AIX.7.mpb

7.6.1085.0

22470

Microsoft.AIX.Library.mp

7.6.1085.0

31.375

Microsoft.HPUX.11iv3.mpb

7.6.1085.0

16344

Microsoft.HPUX.Library.mp

7.6.1085.0

31.375

Microsoft.Linux.Library.mp

7.6.1085.0

31.375

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

7.6.1085.0

15.375

Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb

7.6.1085.0

62973.5

Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb

7.6.1085.0

62973.5

Microsoft.Linux.RHEL.7.CHS.mp

7.6.1085.0

55.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.CHT.mp

7.6.1085.0

55.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.CSY.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.DEU.mp

7.6.1085.0

75.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.ESN.mp

7.6.1085.0

67.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.FRA.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.HUN.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.ITA.mp

7.6.1085.0

67.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.JPN.mp

7.6.1085.0

63.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.KOR.mp

7.6.1085.0

63.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb

7.6.1085.0

36437.5

Microsoft.Linux.RHEL.7.NLD.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.PLK.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.PTB.mp

7.6.1085.0

67.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.PTG.mp

7.6.1085.0

71.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.RUS.mp

7.6.1085.0

75.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.SVE.mp

7.6.1085.0

67.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.TRK.mp

7.6.1085.0

67.375

Microsoft.Linux.RHEL.7.ZHH.mp

7.6.1085.0

55.375

Microsoft.Linux.SLES.10.mpb

7.6.1085.0

62970.5

Microsoft.Linux.SLES.11.mpb

7.6.1085.0

62970.5

Microsoft.Linux.SLES.12.mpb

7.6.1085.0

31376.5

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

7.6.1085.0

15.375

Microsoft.Linux.Universal.Library.mp

7.6.1085.0

15.375

Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb

7.6.1085.0

62950.5

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

7.6.1085.0

62950.5

Microsoft.Solaris.10.mpb

7.6.1085.0

92487.5

Microsoft.Solaris.11.mpb

7.6.1085.0

93417

Microsoft.Solaris.Library.mp

7.6.1085.0

22.375

Microsoft.Unix.Library.CHS.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.CHT.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.CSY.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.DEU.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.ESN.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.FRA.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.HUN.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.ITA.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.JPN.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.KOR.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.mp

7.6.1085.0

87.375

Microsoft.Unix.Library.NLD.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.PLK.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.PTB.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.PTG.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.RUS.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.SVE.mp

7.6.1085.0

43.375

Microsoft.Unix.Library.TRK.mp

7.6.1085.0

47.375

Microsoft.Unix.Library.ZHH.mp

7.6.1085.0

43.375

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×