はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2016 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。 Virtual Machine Manager では 2 つの更新プログラムを使用できます。1 つは Virtual Machine Manager サーバー用、もう 1 つは Administrator Console (x86 と amd64) 用です。 この記事には、この更新プログラムのインストール手順 も含まれています。

修正される問題

  • コンソールに表示される CPU の平均 メモリと 割り当てられたメモリ の仮想マシン (VM) のパフォーマンス データは信頼できません。

  • 同じコンピューター名を持つ VM は、名前の #ワイルドカード文字を使用して複数の VM を作成しようとすると作成されます。

  • ホスト管理に使用される VMM 実行 アカウントには、対話型ログオン権限が必要です。 対話型ログオンは不要になりました。

  • VM テンプレートは、Windows 10 および Windows Server バージョン 1709 の 64 ビット エディションを通じて Gen-1 VM から常に作成することはできません。

  • VMM UI を使用して SMP プロバイダーを使用してストレージ デバイスを追加することはできません。

  • New-SCVirtualMachine PowerShell コマンドレットは、VM の作成時に DynamicMemoryMinimumMB に設定された指定された値を受け入れない。

  • HNV バージョン 1 の VM ネットワークに接続されている VM を同時に移行すると、ネットワーク切断が発生します。

  • SCVMM は、BIOS 更新後にホスト SMBIOS ID プロパティを更新しません。

  • プールの分類が設定されていない場合、物理ディスクがストレージ プールから削除されると、VMM UI がクラッシュします。

  • VMM 2016 を更新プログラム ロールアップ 5 にアップグレードすると、ホストの更新に長い時間がかかります。

  • 詳細ウィンドウでスクロール バーが有効になっている場合、ユーザー ロールのスコープ設定中にクラウドを選択しても意図したとおりには機能しません。

  • 収束した NIC を持つホストでベア メタルデプロイが失敗します。

  • SCVMM UI で SDN によって管理されるリモート アクセス ゲートウェイ接続で使用できる帯域幅を制限しないことを選択した場合、使用可能な帯域幅は既定値に設定されます。

  • 管理者としてログオンする場合、または代理管理者ユーザー ロールを使用する場合、VMM コンソールが開かないか、開くのに時間がかかります。

  • "PRO 動的メモリ VM 圧力" アラートは、Windows Server 2016 Hyper-V サーバーでホストされている静的メモリを持つ VM に対して生成されます。

その他の更新プログラム

  • VMM 2016 更新プログラム ロールアップ 6 では、ESXi 6.5 ホストがサポートされます。

System Center 2016 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 6 を取得してインストールする方法

Virtual Machine Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. [ 更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。


手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

Virtual Machine Manager サーバー更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

管理者コンソールの更新パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update packagename

たとえば、System Center 2016 Virtual Machine Manager サーバー (KB4463450) の更新プログラム ロールアップ 6 パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb4463450_vmmserver_amd64.msp

参考資料

Microsoft がソフトウェア更新プログラムの説明に使用する 用語 について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×