System Center 2019 用更新プログラムのロールアップ 3 Virtual Machine Manager


Applies to System Center 2019 Virtual Machine Manager

はじめに

この記事では、2019 UR3 リリースのシステム センターで修正Virtual Machine Managerについて説明します。 Virtual Machine Manager で使用できる更新プログラムは、Virtual Machine Manager サーバー用と管理コンソール用 (x86 と amd64) の 2 つです。 この記事には、この更新プログラムのインストール手順も記載されています。

修正された問題

  • チェック ボックスから VM を復元すると、[VM] チェック ボックスがオフにされ、VM がオフラインになります。

  • 多数の CV がクラスターに割り当てられると、完了に要する時間が長すぎます。

  • エラーが発生した後にレプリケーションを再開すると、レプリケーションの状態が正しく表示されません。

  • Operations Manager MP で定義された PowerShell スクリプトは、スクリプト エンジンが提供されていないので、実行できません。

  • 複数の 'DiscoveryDataInvalidRelationshipSource ExceptionOM10' 例外を使用して、複数の 'DiscoveryDataInvalidRelationshipSource ExceptionOM10' との統合に失敗します。

  • 重要な例外は、ネットワーク サイトの割り当てが、論理ネットワーク定義に対して変更された場合にスローされます。

  • 一意のサブネットに関連付けられている重複する IP アドレスがある場合、VM の作成では適切な vSwitch は使用されません。

  • (C:\Users\<<サービス アカウント>\AppData\Local\Temp) は、常に一時ファイルを入力します。LOG1 と .LOG2 拡張機能。

  • Microsoft.VirtualManager.DB.CarmineSql 例外を除き、2019 RTM から UR1/UR2 へのアップグレードに失敗します。

  • IPv6 動的オプションが選択されている場合、VM には IP アドレスが割り当てされません。

  • REMOVE -SCService ジョブが 99% 完了時にハングすると、断続的に、エラーが発生します。

  • S2D クラスターのプロパティを選択すると、コンソールがクラッシュします。

  • 例外エラーが発生すると、2019 UR1 または UR2 SQL失敗します。

その他の機能強化と機能

  • 大規模な S2D クラスター管理の一部として追加されたストレージ プロバイダーの管理におけるパフォーマンスの向上。

  • SCVMM 2019 UR3 には、追加の新機能も導入されています。 新機能の詳細については、ここのドキュメントを参照 してください

System Center Virtual Machine Manager 2019 UR3 を取得してインストールする方法

システム センターを更新またはインストールするにはVirtual Machine Manager手順を参照してください。更新プログラムのパッケージVirtual Machine Manager Microsoft Update から、または手動でダウンロードして利用できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新パッケージを取得してインストールするには、次の手順に従って、Virtual Machine Managerコンポーネントをインストールします。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、[Windows Update] をダブルクリックします

  3. Windows Update ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします

  4. [重要な更新プログラムを使用できます] をクリックします

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします

  6. [更新プログラムのインストール]をクリックして、更新パッケージをインストールします。

手動ダウンロード

次の Web サイトに移動して、Microsoft Update カタログから更新パッケージを手動でダウンロードします。

今すぐVirtual Machine Managerサーバー更新パッケージをダウンロードします。

管理者コンソールの更新パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

119591 オンライン サービスから Microsoft サポート ファイルを取得する方法。

4013443 「更新プログラムの表示または非表示」トラブルシューティング ツール パッケージマイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール手順

更新パッケージを手動でインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update <packagename>

たとえば、Virtual Machine Manager Server (KB4599687) 用の System Center 2019 UR3 パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update KB4599687 _vmmserver_amd64.msp

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムについて説明するために使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×