Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

適用対象: System Center 2019 Service Manager

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2019 Service Managerの更新プログラム ロールアップ 4 (UR4) で修正される問題について説明します。 この記事には、この更新プログラムのインストール手順も記載されています。

修正される問題

  • 関連エンティティの変更が既にクリーンアップされている場合でも、ワークフローは正常に実行されます。

  • ポータルのweb.config ファイルに新しい設定 "CalculateNotificationsCount" を追加するオプションを提供しました。 存在し、その値が "false" の場合は、左側のメニューの [通知の円] が表示されないため、ポータルのメイン ページを高速に開くことができます。

  • DWRepository データベースの FACT テーブルでインデックスが見つからないか重複している場合に、問題をトレースするために集中的なトレースが追加されました。

  • RDP 経由で再接続する場合、ビューの個人用設定は既定にリセットされません。

  • インシデント フォームの作業ウィンドウの幅に対する変更は、閉じて再度開いた場合でも保持されます。

  • ビューがグループ化され、RDP 経由で再接続されると、コンソールがクラッシュしなくなりました。

  • タスクで特殊文字を使用すると、コンソールがクラッシュしなくなりました。

  • コマンドレット Set-SCDWRetentionPeriod は、指定されたデータ保持期間を正しく構成するようになりました。

  • SCOM でこの CI が削除されても、AD、SCCM コネクタ、SDKDefaultConnector などの他のコネクタによって検出された場合に、SCOM CI コネクタが誤って CI を PendingDelete としてマークする問題を修正しました。

  • 管理パック定義のエイリアスを解決できなかったというエラーを示す通知テンプレートの複製に関する問題が修正されました。

  • ナレッジ記事の "最終更新日" というラベルがSelf-Service ポータルで正しくないため、"作成日" に修正されました。

  • SQL Server Analysis Server でプロバイダーを変更するには、手動の手順が必要です。 以下のセクション「SQL Server Analysis Server でプロバイダーを変更する手順」を参照してください。

System Center Service Manager 2019 の更新プログラム ロールアップ 4 を取得する方法

Service Managerの更新パッケージは、手動でダウンロードできます。 次の Web サイトに移動して、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします:
Service Manager更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします

インストール手順

インストール前

この更新プログラムを適用する前に、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムを適用する前に、すべてのService Manager関連アプリケーションを終了します。 たとえば、Service Manager コンソール、Self-Service ポータルリンク、および作成ツールを終了します。

  2. "保留中の関連付け解除"、"保留中の関連付け"、または "インポート済み" 状態の管理パックがない状態で、Data Warehouse サーバーが管理サーバーと少なくとも 1 回正常に同期されていることを確認します。

  3. ポータルサイドバーにカスタマイズがある場合は、Views\Shared\Sidebar.cshtml ファイルのバックアップを作成します。

インストール

  1. 更新プログラムがService Manager コンポーネントに次の順序でインストールされていることを確認します。

    • Data Warehouse サーバー

    • プライマリ管理サーバー

    • セカンダリ管理サーバー

    • セルフサービス ポータル サーバー

    • すべてのアナリスト コンソール

  2. ターゲット フォルダーに更新プログラムをダウンロードします。

    • 注: この更新プログラムには、x86 ベースと x64 ベースの両方のバージョンが含まれています。 システムに適したバージョンをダウンロードします。

  3. ターゲット フォルダーを開き、手順 2. からダウンロードしたファイルを右クリックします。

  4. [ 管理者として実行] を選択します。

  5. Microsoft ソフトウェア ライセンス条項に同意し、インストール ウィザードの手順に従います。

インストール後

  1. 更新プログラムのインストール後に、すべてのコンソールを再起動します。

  2. ポータルサイドバー用にカスタマイズがバックアップされた場合は、更新された Views\Shared\Sidebar.cshtml ファイルで必要な変更をマージします。

  3. IIS を実行しているポータル サーバーをホストしているシステムを再起動します。

  4. すべてのData Warehouse ジョブを無効にします。 これを行うには、Service Manager シェルを開き、次のコマンドを実行します。

    • $DW ='DWMS Servername;
      Get-scdwjob -Computername $DW | %{disable-scdwjobschedule -Computername $DW -jobname $_.Name};
  5. 環境内のデータ ソース ビューに基づいて、次の PowerShell スクリプトで必要な変更を加え、管理者特権を使用してスクリプトを実行します。

    • $SSAS_ServerName = "ssas servername" # - to be replaced with Analysis Service instance Name
      
      [System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.AnalysisServices")
      $Server = New-Object Microsoft.AnalysisServices.Server $Server.Connect($SSAS_ServerName)
      $Databases = $Server.Databases
      $DWASDB = $Databases["DWASDataBase"]
      
      #update DWDatamart dsv. Comment the below 3 commands if DWdatamart dsv is not present 
      $DWASDB.DataSourceViews["DwDataMart"].Schema.Tables["OperatingsystemDim"].Columns["PhysicalMemory"].DataType = [decimal]
      $DWASDB.DataSourceViews["DwDataMart"].Schema.Tables["LogicalDiskDim"].Columns["Size"].DataType = [decimal]
      $DWASDB.DataSourceViews["DwDataMart"].Update([Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::ExpandFull)
      
      #update CMDatamart dsv.Comment the below 2 commands if cmdatamart dsv is not present
      $DWASDB.DataSourceViews["CMDataMart"].Schema.Tables["OperatingsystemDim"].Columns["PhysicalMemory"].DataType = [decimal]
      $DWASDB.DataSourceViews["CMDataMart"].Update([Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::ExpandFull)
      
      #update OperatingsystemDim
      $DWASDB.Dimensions["OperatingsystemDim"].Attributes["PhysicalMemory"].KeyColumns[0].DataType = [System.Data.OleDb.OleDbType]::Double
      $DWASDB.Dimensions["OperatingsystemDim"].Update([Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::ExpandFull + [Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::AlterDependents)
      
      #update LogicalDiskDim
      $DWASDB.Dimensions["LogicalDiskDim"].Attributes["Size"].KeyColumns[0].DataType = [System.Data.OleDb.OleDbType]::Double
      $DWASDB.Dimensions["LogicalDiskDim"].Update([Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::ExpandFull + [Microsoft.AnalysisServices.UpdateOptions]::AlterDependents)
      
  6. 次のコマンドを実行して、ジョブ スケジュールを有効にします。

    • $DW ='DWMS Servername'
      Get-scdwjob -Computername $DW | %{enable-scdwjobschedule -Computername $DW -jobname $_.Name}
  7. Data Warehouse管理サーバーを再起動します。

SQL Server Analysis Server でプロバイダーを変更する手順

重要: SQL Server Analysis Server ロールに最新のSQL ドライバー (MSOLEDBSQL または Microsoft SqlClient Data Provider for SQL Server) をインストールした後にのみ、次の手順に従います。 MSOLEDBSQL をインストールする方法の詳細については、SQL Server用の Microsoft OLE DB ドライバーに関するページを参照してください。 SqlClient の詳細については、「SqlClient ドライバーの概要」を参照してください。

  1. SQL Server Management Studioを開き、Analysis Services ロールに接続します。

  2. [Analysis Service DB] > データ ソース>データベース を展開します。

    注: このパスで、[Analysis Service DB] を実際の Analysis Service データベース (通常は DWASDataBase) の名前に置き換えます。

  3. 一覧表示されているすべてのデータ ソースに対して、次のアクションを繰り返します。

    1. データ ソース (DWDataMart など) を右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    2. [全般] で [接続文字列] を選択し、接続マネージャーを選択し、[プロバイダー] ボックスの一覧選択します。 次に、必要に応じてプロバイダー名を変更します。

      • .Net プロバイダーの場合は.Net SQLClient プロバイダーを選択し、OK を選択します。

      • MSOLEDBSQL プロバイダーの場合は、プロバイダー名を SQLNCLI11 から MSOLEDBSQL に変更します。

    3. [セキュリティ 設定] で。 [ 偽装情報] を選択します。

    4. Windows 認証を使用している場合は、ユーザー名とパスワードを指定し、[OK] を選択します。

    5. [OK] を選択します。

    6. Services.msc から Analysis Service SQL Server再起動します。

この更新プログラムロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムロールアップでは、次のファイルが変更されました。

File name

バージョン

ファイル サイズ

Microsoft.EnterpriseManagement.NewSMPortal.SDKTransformer.dll

10.19.1035.137

74 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.NewSMPortal.SMPortalHelper.dll

10.19.1035.137

119KB

Microsoft.Mom.CmdbInstanceSubscriptionDataSourceModule.dll

10.19.1035.137

317kb

MakeForm.cshtml

該当なし

28.3kb

Index.cshtml

該当なし

13.6kb

Sidebar.cshtml

該当なし

5.57kb

RequestDetails.cshtml

該当なし

17.9kb

SelfServicePortalWebApp.dll

10.19.1035.137

71.4kb

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SdkDataAccess.dll

10.19.1035.137

2.65 mb

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll

10.19.1035.137

3.94mb

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.resources.dll

10.19.1035.137

214 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ConfigurationManagement.Forms.dll

10.19.1035.137

111 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Application.Common.dll

10.19.1035.137

1.7mb

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

10.19.1035.137

2.42mb

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.core.dll

10.19.1035.137

699kb

SelfServicePortalResources.resx

該当なし

21.6kb

SelfServicePortalResources.pt-BR.resx

該当なし

22.4kb

SelfServicePortalResources.cs.resx

対象外

22.4kb

SelfServicePortalResources.da.resx

該当なし

22kb

SelfServicePortalResources.de.resx

該当なし

22.5kb

SelfServicePortalResources.el.resx

対象外

25.8kb

SelfServicePortalResources.en.resx

該当なし

21.6kb

SelfServicePortalResources.es.resx

該当なし

22.4kb

SelfServicePortalResources.fi.resx

該当なし

22.1kb

SelfServicePortalResources.fr.resx

該当なし

22.4kb

SelfServicePortalResources.hu.resx

該当なし

22.6kb

SelfServicePortalResources.it.resx

該当なし

22.5kb

SelfServicePortalResources.ja.resx

該当なし

23kb

SelfServicePortalResources.ko.resx

該当なし

22.3kb

SelfServicePortalResources.nl.resx

該当なし

22.2kb

SelfServicePortalResources.no.resx

該当なし

21.9kb

SelfServicePortalResources.pl.resx

該当なし

22.6kb

SelfServicePortalResources.pt.resx

該当なし

22.2kb

SelfServicePortalResources.ru.resx

該当なし

25.1kb

SelfServicePortalResources.sv.resx

該当なし

22kb

SelfServicePortalResources.tr.resx

該当なし

22.2kb

SelfServicePortalResources.zh-CHS.resx

該当なし

21.5kb

SelfServicePortalResources.zh-CHT.resx

該当なし

21.6kb

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Olap.dll

10.19.1035.137

194 KB

Config.xml

該当なし

701b

Microsoft.SystemCenter.Instrumentation.dll

10.19.1035.137

57.4kb

Microsoft.ApplicationInsights.dll

2.12.0.21496

377kb

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.Cmdlets.dll

10.19.1035.137

208 KB

Microsoft.SystemCenter.Telemetry.SMUTCConverter.dll

10.19.1035.137

25.9kb

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Sdk.dll

10.19.1035.137

282 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Console.exe

10.19.1035.137

975kb

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Incident.Forms.dll

10.19.1035.137

550 KB

build_scdm_db.sql

該当なし

505kb

build_scdw_db.sql

該当なし

568kb

build_sm_db.sql

対象外

6.8mb

build_mom_db_postMPimportSM.sql

該当なし

86.7kb

マイクロソフト。Windows.Library.mp

該当なし

696kb

マイクロソフト。Windows.Peripheral.Library.mp

対象外

61.9kb

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.Sms.mp

該当なし

73.9kb

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.Sms2011.mp

該当なし

73.9kb

Microsoft.SystemCenter.InstanceGroup.Library.mp

該当なし

36.9kb

System.AdminItem.Library.mp

該当なし

52.9kb

ConfigManagementPack.mpb

該当なし

396kb

System.Software.Library.mpb

該当なし

80 KB

System.Library.mp

該当なし

280kb

Authoring.mpb

該当なし

832kb

Incident.mpb

対象外

0.98mb

WarehouseCoreMP.mpb

対象外

324 kb

Article.cshtml

対象外

12.8kb

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×