この資料では、構成のチェック、テストの実行、および革命 R エンタープライズ Linux 上の Teradata の接続に関する問題のトラブルシューティングを行う場合をサポートするために収集する情報について説明します。

UnixODBC ドライバー マネージャーのインストールされているレベルを確認してください。

# rpm -qa | grep -i unixodbc


このコマンドは RRE として nothing を返す必要があり、Teradata 2.3.1 または 2.3.2 ビルドおよび回転数ではない、ソースからインストールする必要があります unixODBC を必要とします。

# isql --version


Teradata testdsn 接続のテストを確認します。

# 'isql -v testdsn dbc dbc


バージョンと、システムにインストールされている odbc 関連のライブラリへのリンクを確認します。

# ls -al /usr/lib64 | grep -i odbc


場合は、ODBCINI と ODBCINSTINI の環境変数をチェック、目的 odbc.ini ファイルおよび odbcinst.ini の構成ファイルを指していることを確認するのには、セットします。

# env | grep -i odbc


一般に、すべての設定をする必要がありますを指しているか/etc/odbc.ini と/etc/odbcinst.ini。

ODBCINST/etc/odbcinst.ini] をポイントする環境変数を設定します。

革命 R コードからデータベースに接続する 2 つの異なるアプローチを試してください。

#No DSN rxSetComputeContext("local") 
SQL <- "SELECT * FROM dbc.dbcinfo" 
DS<- RxOdbcData(sqlQuery = SQL, connectionString = "DRIVER=Teradata;DBCNAME=DbMachineNameOrIP;UID=RevoTester;PWD=RevoTester;") 
rxImport(DS)

#With DSN 
rxSetComputeContext("local") 
SQL <- "SELECT * FROM dbc.dbcinfo" 
DS<- RxOdbcData(sqlQuery = SQL, connectionString = "DSN=testdsn;UID=SomeUser;PWD=SomePwd;") 
rxImport(DS)


これらのコマンド、またはテストのコードを実行しているすべての問題がある場合は、サポートを確認するテストのすべての出力を収集します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×