USB デバイスが Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターで高速のバッテリを放電します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

この資料では、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 に表示されるバッテリ消耗の問題について説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

現象

いくつかの USB デバイスは USB のセレクティブを入力しない場合でも、システム スタンバイ電源が接続されている状態ではサスペンド状態。このような場合は、コンピューターのバッテリを使ったりすることで電源常にします。

解決策

この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。この問題は、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 でのみ確認されています、にもかかわらず、修正プログラムは Windows RT 8.1 にも適用されます。

修正プログラムの情報

重要 この修正プログラムをインストールした後、言語パックをインストールしない操作を行います。場合は、修正プログラムの言語固有の変更は適用されません、し、修正プログラムを再インストールする必要があります。詳細については、「」を参照してください。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×