Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

概要

Microsoft Windows DLL (動的リンク ライブラリ) に対して Windows API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) 呼び出しを行って、現在のカーソル位置を取得して設定できます。 現在の位置は、次のコマンドで GetCursorPos 関数を使用してUSER32.DLL。

詳細情報

Microsoft Excel、カーソル位置を取得または設定するための組み込み機能は備え付けではありません。 ただし、Microsoft Excel Visual Basic for Applications マクロで Declare ステートメントを使用して、Microsoft Windows関数を呼び出して現在の位置にアクセスできます。 別の関数 SetCursorPos を使用して、カーソルの位置を設定できます。 SetCursorPos 関数は、カーソルを画面全体に移動するループ構造で使用できます。


Microsoft は、明示または黙示を問わず、明示または黙示を問わず、特定の目的に対する商品性やフィットネスに関する黙示の保証を含むがこれらに限定されない、説明のみを目的として Visual Basic for Applications 手続きの例を提供しています。 このVisual Basicの手順は "as is" で提供され、Microsoft は、すべての状況で使用できる保証をしません。 Microsoft サポート担当者は、特定のマクロの機能を説明するのに役立ちますが、これらの例を変更して追加機能を提供したり、特定のニーズに合わせてマクロを作成したりは行う必要もありません。 プログラミングの経験が限られている場合は、Microsoft ソリューション プロバイダーのいずれかを参照してください。 ソリューション プロバイダーは、カスタム マクロの作成など、さまざまな料金ベースのサービスを提供します。 Microsoft ソリューション プロバイダーの詳細については、Microsoft Customer Information Service (800) 426-9400 にお問い合わせください。

  1. 新しいモジュールに次のコードを入力します。

    ' Access the GetCursorPos function in user32.dll
    Declare Function GetCursorPos Lib "user32" _
    (lpPoint As POINTAPI) As Long
    ' Access the GetCursorPos function in user32.dll
    Declare Function SetCursorPos Lib "user32" _
    (ByVal x As Long, ByVal y As Long) As Long

    ' GetCursorPos requires a variable declared as a custom data type
    ' that will hold two integers, one for x value and one for y value
    Type POINTAPI
    X_Pos As Long
    Y_Pos As Long
    End Type

    ' Main routine to dimension variables, retrieve cursor position,
    ' and display coordinates
    Sub Get_Cursor_Pos()

    ' Dimension the variable that will hold the x and y cursor positions
    Dim Hold As POINTAPI

    ' Place the cursor positions in variable Hold
    GetCursorPos Hold

    ' Display the cursor position coordinates
    MsgBox "X Position is : " & Hold.X_Pos & Chr(10) & _
    "Y Position is : " & Hold.Y_Pos
    End Sub

    ' Routine to set cursor position
    Sub Set_Cursor_Pos()

    ' Looping routine that positions the cursor
    For x = 1 To 480 Step 20
    SetCursorPos x, x
    For y = 1 To 40000: Next
    Next x
    End Sub
  2. ルーチンのテキスト内の任意の場所をGet_Cursor_Pos F5 キーを押して、新しいマクロGet_Cursor_Posします。

    マウス ポインターの現在の位置の座標と一緒にメッセージ ボックスが表示されます。

  3. ルーチンのテキスト内の任意の場所をSet_Cursor_Pos F5 キーを押して、新しいマクロSet_Cursor_Posします。

カーソルが画面を斜めに下に移動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×