VLAN タグが Windows Server 2012 R2 で サード・パーティの転送拡張モードと HNV モードの VM 接続を切断する

現象

次のような状況を考えます。

  • 仮想環境で Windows Server 2012 R2 と仮想スイッチを実行している HYPER-V ホストを配置するとします。

  • システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager (VMM) は、仮想ネットワークを管理するために使用します。

  • 環境では、HYPER-V ネットワーク仮想化 (HNV) とは、プライベート アドレス仮想ローカル エリア ネットワーク (VLAN) を構成します。

  • VLAN がタグ付けし、スイッチの拡張機能をサード パーティの転送を有効にしました。

このシナリオでは、バーチャル ネットワークに接続が失われます。

この更新プログラムまたは修正プログラムを入手する方法

この問題を解決するには、再起動の必要性のある Windows Server 2012 R2 の修正プログラムをリリースしましたが、Windows Server 2012 R2 の更新プログラムをリリースしました。

この修正プログラムをインストールする前に修正プログラムの前提条件を確認してください。

更新プログラムのロールアップは、修正プログラムで修正される問題に加えて他の多くの問題を修正します。更新プログラムのロールアップを使用することをお勧めします。更新プログラムのロールアップは、この修正プログラムよりサイズが大きいです。したがって、更新プログラムのロールアップのダウンロードにはより長い時間がかかります。

Windows Server 2012 R2 の更新プログラム

次の更新プログラムのロールアップでは使用できます。

Windows Server 2012 R2 の


Windows Server 2012 R2 の修正プログラム

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×