現象

次のシナリオを検討してください。

  • Windows Server 2012 R2 にインストールされている Web アプリケーションのプロキシがある場合。

  • インストール後 1 年間、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) の証明書が自動的に更新証明書の自動ロール オーバーを有効にします。


このシナリオでは、AD fs では、ユーザーを正しく認証することはできませんし、すべてのユーザーがブロックされています。

原因

この問題は、AD FS は、新しい証明書を使用する場合に、Web アプリケーションのプロキシでこの更新プログラムが検出されないために発生します。

注: Web アプリケーション プロキシのインストール中には、Web アプリケーションのプロキシは、AD FS は、ユーザーが正しく認証されていることを確認できるようにするためにデータを証明書を読み込みます。

解決策

更新プログラムの情報

この問題を解決するには、更新プログラムのロールアップ 2955164 をインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

2955164 Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 更新プログラムのロールアップ: 月 2014年

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明Web アプリケーション プロキシの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Web アプリケーション プロキシ

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×