現象

Internet Explorer 10 または 11 の Internet Explorer にアップグレードした後、web ベースのアプリケーションのクラッシュ ・ レポートが表示されます。

さらとこの問題が発生する場合は、 Microsoft シンボル サーバーを使用して、コール スタック wininet がの呼び出しが含まれています!NETWORK_MANAGER::ReadGuidsForConnectedNetworks関数です。

解決策

この問題を解決するのには Internet Explorer の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインスト―ルしてください。これを行うには、 Microsoft Update に移動します。さらに、 Internet Explorer の最新の累積的セキュリティ更新プログラムに関する技術情報を参照してください。

この更新プログラムが最初の3 月の Internet Explorer (MS15 018) 用の累積的なセキュリティ更新プログラムが含まれています。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用する用語集を参照してください。

詳細

パブリック シンボルをこの問題が発生した場合は、コール スタックの例は次のとおりです。ChildEBP RetAddr 199af204 76202fa1 ole32!CObjectContext::`vftable'+0x2
199af9d0 76209e89 ole32!ICoCreateInstanceEx+0x243
199afa30 76209dea ole32!CComActivator::DoCreateInstance+0xd9
199afa54 76209da3 ole32!CoCreateInstanceEx+0x38
199afa84 6adb2505 ole32!CoCreateInstance+0x37
199afab0 6adb33fd netprofm!CPubINetworkListManager::EnsureNLPConnected+0x58
199afac4 76a2165a netprofm!CPubINetworkListManager::GetNetworks+0x39
199afb48 769fb053 wininet!NETWORK_MANAGER::ReadGuidsForConnectedNetworks+0x12d
199afb6c 76a21a56 wininet!InternalReadGuidsForConnectedNetworks+0x86
199afb8c 76a21c94 wininet!CSwpadSupport::ReadIdsForConnectedNetworks+0x1d
199afbf4 76a2a278 wininet!NETWORK_MANAGER::SetWpadDecisionForCurrentNetwork+0x7a
199afc90 76a2e235 wininet!AutoProxyResolver::UpdateAutoproxyWithCompletedDetection+0x220
199afce4 76961366 wininet!AutoProxyWpadAndResultThread+0xee
199afcf4 773e7df9 wininet!RefCountWorkItemThread+0xe
199afd68 773d2b65 ntdll!RtlpTpWorkCallback+0x11d
199afec8 74fe336a ntdll!TppWorkerThread+0x572
199afed4 773bbf32 kernel32!BaseThreadInitThunk+0xe
199aff14 773bbf05 ntdll!__RtlUserThreadStart+0x70
199aff2c 00000000 ntdll!_RtlUserThreadStart+0x1b

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×