この資料では、Windows 8.1 や Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 がインストールされている Internet Explorer の 11 を搭載したコンピューターに更新プログラムをインストールするときに発生する問題について説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

現象

この問題は、コンピューターに 1 つまたは複数の以下の更新プログラムを適用するときに発生します。

この問題が発生した場合、 WinINetまたはWindows.Web.Http API を使用してクライアント証明書を変更するのには動作しません。代わりに、古い証明書が使用されます。

原因

この問題は、WinINet は、クライアント証明書が更新されたときに、新しい接続を開くのではなく以前の接続を再利用するために発生します。

解決策

この問題を解決するには、Internet Explorer のセキュリティ更新プログラムをリリースしました。また、Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows Server 2012 R2 の修正プログラムをリリースしました。

重要な技術的な注意事項ホストごとに一度に 1 つのクライアント証明書をサポートするシナリオを解決するのにはこの修正プログラムのみ対象になります。同じホストに複数のクライアント証明書を使用して同時に複数の HTTP 要求を加える場合、内部の制限により 1 つのクライアント証明書のみ使用されます。誤った証明書のためにまだエラーが発生するいくつかの要求があります。

アプリケーションが HTTP 要求をシリアル化することを確認してくださいし、このシナリオで作業を並列ではなく、1 つのホストは、要求ごとの一意なクライアント証明書を使用する場合。

Internet Explorer 用の更新プログラムを取得します。

この問題を解決するのには Internet Explorer の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインスト―ルしてください。これを行うには、 Microsoft Update に移動します。さらに、 Internet Explorer の最新の累積的セキュリティ更新プログラムに関する技術情報を参照してください。

注: この更新プログラムは、

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×