Windows のトラブルシューティングのための DeployR 7.2 のトレースを有効にします。

DeployR の問題のトラブルシューティングを行うとき、問題のより詳細な情報を提供するデバッグ レベルの情報を含む production.log を収集する必要があります。既定では、production.log は、唯一 'エラー' と '情報' レベルのメッセージを記録します。Windows の DeployR production.log のデバッグ レベルのトレースを有効にして、有益な診断情報を収集、次の操作を行います。

  1. Windows サービス管理コンソールを使用または、管理者特権でコマンド ・ ラインから Apache Tomcat の DeployR 7.2 サービスを停止します。

    C:\> net stop Apache-Tomcat-for-DeployR-7.2
  2. C:\Revolution\DeployR-7.2\deployr.groovy を編集し、' デバッグ ' log4j の一節では、' 情報' の単語の 2 つのオカレンスを変更します。
    差出人:

        root {        info 'stdout', 'logfile'
    }

    info'com.revo.phoenix'

    宛先:

        root {        debug 'stdout', 'logfile'
    }

    debug'com.revo.phoenix'

    Deployr.groovy ファイルを保存します。

  3. Windows サービス管理コンソールを使用または、管理者特権でコマンド ・ ラインから Apache Tomcat の DeployR 7.2 サービスを再起動します。

    C:\> net start Apache-Tomcat-for-DeployR-7.2
  4. 報告された DeployR の問題を再作成します。

  5. 手順 1 では、production.log ファイルにすべてのメッセージをフラッシュするのには Apache Tomcat の DeployR 7.2 サービスを停止します。

  6. サポート データ収集のツール、C:\Revolution\DeployR-7.2\diagnostic\diagnostics.bat を実行します。(DeployR 7.2 の新機能) のこのツールは、トラブルシューティングに役立つ診断情報が他の間でのデバッグ production.log を収集し、C:\Revolution\DeployR-7.2\diagnostic\diagnostic.zip にパッケージ化します。サポートするには、この diagnostic.zip ファイルを提供します。

  7. C:\Revolution\DeployR-7.2\deployr.groovy を編集し、production.log の出力を減らすために '情報' を 'デバッグ' からのログ出力レベルを復元します。Apache Tomcat の DeployR 7.2 サービスを再起動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×