概要

この資料では、Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップ 7 で修正される問題について説明します。Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップ 7 のインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Windows Azure のパック

  • テナントは、仮想マシンのチェックポイントを削除できません。

    テナントは、サブスクリプションの場合、仮想マシンのチェックポイントを作成することができますが、後で削除できません。

    この更新プログラムをインストールした後、テナントは、仮想マシン用に作成されたチェックポイントを削除できます。

  • 15 文字までの VM 名のサポート

    テナントは、12 文字以上の VM 名を入力できません。

    この更新プログラムをインストールした後、管理者は、テナントが 15 文字までの VM の名前を入力できるように計画を作成できます。

  • 計画のハードウェア プロファイルがない場合は、仮想マシンの作成中に VHD の項目を表示します。

    VM のテンプレートは、計画している場合でも、または関連付けられているハードウェア プロファイルがない場合は、Vhd は、仮想マシンを作成するときに、テナントにも表示されます。

    この更新プログラムをインストールすると後のテナントには無関係の Vhd が表示されなくなります。

  • 仮想マシンに VHD をアタッチするとき、テナントに互換性のない Vhd が提供されます。

    VHD を仮想マシンに接続するとき、リストは、互換性のないオペレーティング システムの Vhd を示します。

    この更新プログラムをインストールすると、そのテナントでは、互換性のない Vhd は表示されなくなります。

  • テナント プラン表示と自己のサブスクリプションに基づいてアクセス許可セキュリティ グループのサポート

    管理者ことはありませんを表示して、自己を購読するセキュリティ グループを基に、プランからテナントを防止します。

    この更新プログラムをインストールすると、管理者がのみ、テナントのセキュリティ グループで表示し、特定の計画に自己登録をできるようにするための計画を持つセキュリティ グループを関連付けることができました。これには、対応する PowerShell の管理コマンドが含まれます。

  • 10 サーバー プレビューの Windows を実行すると、仮想マシン管理保護のサポート

    Windows Server 2016 プレビューでテナントを作成してシールドの仮想マシンを管理します。

    この更新プログラムをインストールすると、管理者は、これらのリソースへのアクセスをテナントのための計画で、シールドの VM のサポートを有効にできます。この機能は Windows Server 2016 のプレビューでのみサポートされています。

  • テナント ポータルに表示される仮想マシンのパフォーマンス データ

    テナント仮想マシンのダッシュ ボードのすべてのパフォーマンス データが表示されます。

    この更新プログラムをインストールした後、テナントは、ダッシュ ボードのパフォーマンス データを確認できます。

  • 製品の品質

    この更新プログラムには、製品全体の品質を向上させるには、他の修正が含まれています。


取得し、Windows Azure のパックの更新プログラムのロールアップ 7 をインストールする方法

ダウンロード情報

Windows Azure のパックの更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、Windows Azure パック コンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。

  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。

  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。

  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動で更新プログラム パッケージのダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

Download Windows Azure のパックの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール手順は、次の Windows Azure のパックのコンポーネントのことです。

  • テナント サイト

  • テナント API

  • パブリック API のテナント

  • 管理サイト

  • 管理 API

  • 認証

  • Windows 認証

  • 使用方法

  • 監視

  • Microsoft SQL

  • MySQL

  • Web アプリケーション ギャラリー

  • サイトの構成

  • ベスト プラクティス アナライザー

  • PowerShell API

Windows Azure パック (WAP) の各コンポーネントの更新プログラムの .msi ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. システムが現在利用可能 (顧客のトラフィックを処理する)、スケジュールの場合、Azure サーバーのダウンタイム。Windows Azure のパックは現在ローリング アップグレードをサポートします。

  2. 停止または十分に考慮するためのサイトに顧客のトラフィックをリダイレクトします。

  3. コンピューターのバックアップを作成します。

    注:

    • この更新プログラムでは、バックアップ、データベースの変更は含まれませんし、データベースを復元する必要はありません。一般に、現在のデータベースのバックアップを保持することをお勧めします。

    • 仮想マシンを使用する場合は、現在の状態のスナップショットを取得します。

    • Vm を使用していない場合は、各 MgmtSvc のバックアップをとる * WAP のコンポーネントがインストールされている各コンピューター上の inetpub ディレクトリ内のフォルダーです。

    • 情報と証明書、ホスト ヘッダー、およびすべてのポートの変更に関連するファイルを収集します。



  4. Windows Azure のパックのテナントのサイトで、独自のテーマを使用している場合は、更新プログラムを実行する前に、テーマの変更を保持するためにこれらの指示に従います。

  5. 更新プログラムを実行するには、Microsoft Update を使用して各ノード上で直接、または Windows Server Update Services (WSUS) サーバーを経由します。

  6. 負荷分散] の下の各ノードには、次の順序でコンポーネント用の更新プログラムを実行します。

    1. WAP がインストールされている元の自己署名証明書を使用する場合に、更新操作が置き換えられます。新しい証明書をエクスポートし、負荷分散の下の他のノードにインポートする必要があります。これらの証明書がある CN = MgmtSvc-* (自己署名) の名前付けパターンです。

    2. 必要に応じて、リソース プロバイダー (RP) サービス (SQL Server、SQL のマイ、SPF と VMM、web サイト) を更新します。RP のサイトが実行されているかどうかを確認します。

    3. テナント API サイト、テナントのパブリック API、管理 API ノード、およびサイトの管理者およびテナントの認証を更新します。

    4. 管理者およびテナントのサイトを更新します。



  7. 新しいサポートは、SQL Server リソース ガバナーを有効にするには、次の手順に従います。

    1. ダウンロードして、このPowerShell スクリプトをテキスト エディター (または Windows PowerShell ISE) で開きます。Azure パックのデータベースは、このスクリプトが変更されます。

    2. 接続文字列の行を次のように変更します。

      $wapConnectionString = "server=yourservername;uid=sa;pwd=yourpassword;database=master;"

    3. 管理の Svc の PowerShellAPIモジュールが含まれているコンピューターで管理者としてこのスクリプトを実行します。これらは、それらを実行しているコンピューターです。

      • 使用法の拡張

      • Web アプリケーション ギャラリーの拡張機能

      • SQL Server の拡張機能

      • MySQL 拡張モジュール


  8. すべてのコンポーネントが更新され、期待どおりに機能している場合、更新されたノードへのトラフィックを開くことができます。それ以外の場合、「ロールバックの手順」セクションを参照してください。


問題が発生し、ロールバックが必要であることを確認する、以下の手順を実行します。

  1. 「インストール手順」セクションの手順 3 で 2 番目スナップショットがある場合スナップショットを適用します。スナップショットがない場合は、次の手順に進みます。

  2. データベースとコンピューターを復元するのには下の「インストール手順」セクションの手順 3 で 1 番目と 3 番目のメモで行われたバックアップを使用します。

    システムを部分的に更新された状態にしないでください。ロールバックの操作を実行すべてのマシンで Windows Azure のパックがインストールされている場合でも、1 つのノードの更新に失敗しました。

    推奨構成項目が正しいかどうかを確認するのには、Windows Azure のパックの各ノードに Windows Azure パック ベスト プラクティス アナライザーを実行します。

  3. 復元されたノードへのトラフィックを開きます。




ファイル名

バージョン

MgmtSvc-SQLServer.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-TenantAPI.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-TenantPublicAPI.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-TenantSite.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-Usage.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-WebAppGallery.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-WindowsAuthSite.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-AdminAPI.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-AdminSite.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-AuthSite.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-Bpa.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-ConfigSite.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-Monitoring.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-MySQL.msi

3.25.8196.75

MgmtSvc-PowerShellAPI.msi

3.25.8196.75



ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×