Windows の画面のリフレッシュ レートは、 (特定のテレビ互換のタイミングを報告する) モニターとテレビでユーザーが選択した設定を適用しません

現象

Windows 7 およびそれ以降のバージョンの Windows を実行しているコンピューターで、 特定のモニターの画面のリフレッシュ レートを変更できません。 具体的には、この動作は、テレビ互換のタイミングを 60Hz ではなく 59.94Hz と報告するモニターで発生します。

原因

特定のモニターでは、テレビ互換性のタイミングが 59.94Hz と報告されます。 したがって、Windows 7 およびそれ以降のバージョンの Windows では、そのタイミングでサポートされているすべての解像度に対して、59Hz と 60Hz の 2 つの周波数を公開しています。 59Hz 設定は、Windows Media Center などのアプリケーションでテレビ互換のタイミングを常に利用できるようにします。 60Hz 設定は、60Hz を必要とするアプリケーションの互換性を維持します。

Windows 7 およびそれ以降のバージョンの Windows では、ユーザーが 60Hz を選択すると、OS は 59.94Hz の値を格納します。 ただし、ユーザーが 60Hz を選択した場合でも、コントロール パネルの [画面のリフレッシュ レート] に 59Hzが表示されます。

解決方法

対処は必要ありません。

この動作は、60Hz ではなく 59.94Hz のみを報告するモニターとテレビの仕様です。 これらの値がドライバーに送信される前に、59Hz と 60Hz の両方が 59.94Hz に変換されます。 したがって、ディスプレイは 59Hz と 60Hz で同じです。

このサポート技術情報の記事では、モニターまたはテレビが 59.94Hz を報告するケースについて説明します。 ただし、この問題は、次のテレビ互換のタイミングを報告するモニターまたはテレビでも発生します。

  • 24Hz ではなく、23.976Hz

  • 30Hzではなく、29.970Hz

  • 48Hz ではなく、47.952Hz

  • 72Hz ではなく、71.928Hz

  • 120Hz ではなく、119.880Hz

詳細情報

問題の再現手順

  1. Windows デスクトップを右クリックし、[個人用設定] をクリックします。

  2. [表示] をクリックします。

  3. [ディスプレイの設定の変更] をクリックします。

  4. [詳細設定] をクリックします。

  5. [モニター] タブをクリックし、[画面のリフレッシュ レート] を 59 Hz から 60 Hz に切り替えます。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [詳細設定] に戻ります。

[モニター] タブには 59 Hz がまだ表示されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×