Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

要約

新しくインストールされた Windows 展開の最初の時間は、Microsoft Defender保護ギャップが原因でシステムを脆弱にしておく可能性があります。 これは、OS インストール イメージに古いマルウェア対策ソフトウェア バイナリが含まれている可能性があるためです。 

これらの展開が行われるデバイスは、最初のマルウェア対策ソフトウェア更新プログラムを受け取るまで、不適切に保護されます。 Defender 更新プログラムには、ユーザー エクスペリエンスを向上させる重要なパフォーマンス修正プログラムも含まれています。 Windows 組み込みのウイルス対策または別のセキュリティ ソリューションを使用するデバイスは、これらの更新プログラムの恩恵を受けることができます。 OS インストール イメージを定期的にサービスして、Microsoft Defender バイナリを更新し、新しいデプロイでこの保護ギャップを最小限に抑えるようにすることをお勧めします。 3 か月の更新頻度をお勧めします。

最新の累積的な更新プログラム (LCU) とMicrosoft Defender更新プログラムをオフラインで適用するために、順序付けは必要ありません。

この記事では、OS インストール イメージ (WIM ファイルと VHD ファイル) のMicrosoft Defender用のマルウェア対策更新プログラム パッケージについて説明します。 この機能では、次の OS インストール イメージがサポートされています。

  • Windows 11

  • Windows 10 (Enterprise、Pro、Home エディション)

  • Windows Server 2019

  • Windows Server 2016

バージョン情報

注: 

  • Defender パッケージのバージョン: 20230118.1

このパッケージは、OS インストール イメージのマルウェア対策クライアント、マルウェア対策エンジン、および署名バージョンを次のバージョンに更新します。

  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2211.5

  • エンジン バージョン: 1.1.19900.2

  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.381.2404.0

パッケージ情報

パッケージ サイズは約 121 MB です。

この更新プログラムの既知の問題

なし

更新プログラムの情報

このパッケージには、Windows 11で Microsoft Defender ウイルス対策によって使用されるMicrosoft Defenderマルウェア対策プラットフォームとエンジンに対する毎月の更新プログラムと修正プログラムが含まれています。 このパッケージは、Windows イメージ/VHD(x) ファイルにオフラインで適用する必要があります。

パッケージの内容の詳細については、こちらを参照してください。Microsoft Defenderウイルス対策の更新プログラムを管理し、ベースラインを適用する|Microsoft Learn

このパッケージには、リリース日まで利用可能な最新のセキュリティ インテリジェンス更新プログラムも含まれています。 リリース ノートを含むセキュリティ インテリジェンスの更新プログラムの詳細については、 こちらを参照してください

この更新プログラムの入手方法

Windows OS イメージ アーキテクチャごとに異なる更新プログラム パッケージが必要です。 この更新プログラムを適用するインストール イメージに一致するアーキテクチャを選択します。

Windows オペレーティング システムのインストール イメージのMicrosoft Defender更新プログラム: 32 ビット |64 ビット 

注: これらのリンクは 、defender-update-kit-[x86|x64].zipを指します。 この.zip ファイルを抽出して、Defender 更新プログラム パッケージ (defender-dism-[x86|x64].cab) と、OS インストール イメージの更新操作を支援する更新プログラム修正プログラム ツール (DefenderUpdateWinimage.ps1) を取得します。

パッケージ更新ツール

このパッチ適用ツール (DefenderUpdateWinImage.ps1) の実行には、次の前提条件が適用されます。

  • PowerShell 5.1 以降のバージョンを含む 64 ビット Windows 10以降の OS 環境を実行している必要があります。

  • Microsoft.Powershell.Security モジュールと DISM モジュールをインストールする必要があります。

  • 管理者特権を使用して、デバイスで PowerShell を起動する必要があります。

注: 

  • このパッケージを使用してライブ イメージを更新しないでください。これは、仮想マシン内で実行されている Windows インストールに損傷を与える可能性があるためです。

  • DefenderUpdateWinImage.ps1 ツールには、更新プログラムを削除するオプションが用意されています。 ただし、更新プログラムを適用する前に、イメージのバックアップ コピーを保持しておく必要がある場合があります。

この更新プログラムを適用する方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 -WorkingDirectory <path> -Action AddUpdate -ImagePath <path_to_Os_Image> -Package

この更新プログラムを削除またはロールバックする方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 -WorkingDirectory <path> -Action RemoveUpdate -ImagePath <path_to_Os_Image>

インストールされている更新プログラムの詳細を一覧表示する方法

PS C:\> DefenderUpdateWinImage.ps1 -WorkingDirectory <path> -Action ShowUpdate -ImagePath <path_to_Os_Image>

関連情報

マイクロソフトがソフトウェア更新プログラムの説明に使用する 「用語集」 を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×