この資料では、Windows 10 ベースまたは Windows Server 2016 ベースのホスト、または Windows Server 2012 R2 ベースのホストで実行されている Windows 仮想マシン (VM) の最新の統合コンポーネントの更新プログラムについて説明します。この更新プログラムは、Windows Server 2012 R2、Windows サーバー 2012、および Windows Server 2008 R2 サービス パック 1 (SP1) ベースの Hyper-V ゲストで利用可能です。この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」セクションを確認してください。

この更新プログラムで修正された問題

問題 1次のシナリオを考えてみます。

  • 物理アダプターを使用する仮想スイッチに VM を接続するとします。

  • 仮想スイッチ マネージャーでシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) オプションを有効にします。

  • VM でネットワーク I/O が実行されている間、Hyper-V ゲストの物理アダプターを無効にします。

このシナリオでは、VM がクラッシュします。問題 2現在の先行書き込みログ (WAL) の実装では、仮想ハード ディスク (VHD) の所有権が変更されないことが誤って想定されています。ただし、共有 VHD シナリオでは、複数の VM グループ レプリケーションで所有権が変更されます。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update および Microsoft ダウンロード センターから入手できます。この問題は、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2 SP1 でのみ確認されていますが、この更新プログラムは Windows 8.1 および Windows 7 SP1 にも適用されます。 重要この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。したがって、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをインストールすることをお勧めします。詳細については、「 」を参照してください。

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update の推奨更新プログラムとして提供されます。Windows Update の実行方法の詳細については、「 Windows Update を」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

オペレーティング システム

更新プログラム

サポートされているすべての x86 ベースのバージョンの Windows 8.1

Download

サポートされているすべての x64 ベースのバージョンの Windows 8.1

Download

サポートされているすべての x64 ベースのバージョンの Windows Server 2012 R2

Download

サポートされているすべての x64 ベースのバージョンの Windows Server 2012

Download

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)

Download

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x64 ベース)

Download

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

Download

メモこのダウンロードは自己インストールではありません。統合コンポーネントを管理およびインストールする方法についてはの管理」を参照してください。ダウンロードを開始するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。 マイクロソフト サポート ファイルのダウンロード方法の詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法 マイクロソフトはこのファイルをスキャンしてウイルスを検出しました。マイクロソフトは、ファイルが投稿された日付に入手可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しました。このファイルは、セキュリティが強化されたサーバーに格納され、ファイルへの不正な変更を防ぐのに役立ちます。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

この更新プログラムを適用するにはが Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。またはをインストールします。

レジストリ情報

このパッケージで更新プログラムを使用するには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用するを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×