Windows 埋め込まれた CE 6.0 R3 で、.NET Compact Framework 3.5 の更新プログラムがあります。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

Microsoft Internal Support Information

BUG #: 135628 (コンテンツ管理)

Microsoft Internal Support Information

BUG #: 30175 (Windows CE には、エンジニア リングが継続的な)

はじめに

Windows 埋め込まれた CE 6.0 R3 で Microsoft .NET Compact Framework 3.5 の更新プログラムがあります。 この更新プログラムには、次の問題が修正されます。

  • .NET Compact Framework 3.5 ベースのアプリケーションでメモリ リークを追跡するためにリモートのパフォーマンス モニター ツールを実行するとします。 GC ヒープ ビューアーを起動しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    標題: (null) の例外コード: 0xC0000005exception アドレス: 0x01d3a39cReading: 0x00000300Faulting モジュール: mscoree3_5.dllOffset: 0x0008a39c。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 89410 (Silverlight)

  • リモート パフォーマンス モニター ツールで、GC ヒープのダンプ ファイルを開くしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    GC ヒープの表示を表示中にエラー: 指定されたキーがディクショナリ内に存在しません。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 49335 (Silverlight)

  • 無効な XML データを逆シリアル化する .NET Compact Framework 3.5 を使用すると期待どおりに例外は生成されません。 代わりに、無効なオブジェクトが生成されます。 さらに、オブジェクトを逆参照しようとすると、必要の例外が生成されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 84216 (Silverlight)

  • シリアライザーに渡されるデータは、2 つの時刻をシリアル化する可能性があります。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 84217 (Silverlight)

  • ネイティブ モジュールを呼び出すマネージ アプリケーションを実行するとします。 呼び出すネイティブ コードとマネージ コード、ネイティブ コードに、例外がスローされます。 このシナリオで例外が正しく処理されないと、ダンプ ファイルは生成されません。 さらに、スタック情報が記録されていないと、お客様のないエラー メッセージをカスタマイズすることができます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 88899 (Silverlight)

詳細情報

ソフトウェア更新プログラムの情報

サポートされているソフトウェア更新プログラムが Microsoft Windows 埋め込まれた CE 6.0 プラットフォーム ビルダー毎月更新 (2010 年 7 月) として。 「ファイル情報」セクションにスクロールして確認できます。 パッケージのファイル名には、製品のバージョン、日付、サポート技術情報番号、およびプロセッサの種類が含まれています。 パッケージ ファイル名の形式は次のとおりです。

製品バージョン-yymmdd-kbnnnnnn-プロセッサ タイプ例: Wincepb50-060503-kb917590-armv4i.msi は、サポート技術情報の記事 917590 に記載されている ARMV4i Windows CE 5.0 プラットフォーム ビルダーの修正プログラムです。このプログラムは、2006 年 5 月の月例更新プログラムに含まれています。 この問題を解決するには、Windows CE プラットフォーム ビルダーを取得し、コア オペレーティング システム ソフトウェアの更新方法の詳細については次の資料番号をクリックします。

コア オペレーティング システムを検索する方法は、マイクロソフトの Windows CE プラットフォーム ビルダー製品の修正します。更新プログラムを適用した後は、VPN インターフェイスからのみ DNS クエリ パケットが送信されます。 さらに、パケットは複数の VPN インターフェイスがある場合でも、最後の VPN インターフェイスからのみ送信されます。

必要条件

この更新プログラムは、これまでに公開されたこの製品の更新プログラムがすべてインストールされている場合にのみ、サポートされます。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後に、プラットフォーム全体のクリーン ビルドを実行する必要があります。 これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [ビルド] メニューで、[消去] をクリックし、プラットフォームのビルド] をクリックします。

  • [ビルド] メニューの[プラットフォームの再構築] をクリックします。

このソフトウェア更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラム パッケージの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

インストーラー ファイル

ファイル名

ファイル サイズ

日付

時刻

Wincepb60-100727-kb2282391-armv4i.msi

1,200,128

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-mipsii.msi

1,263,616

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-mipsii_fp.msi

1,265,152

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-mipsiv.msi

1,279,488

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-mipsiv_fp.msi

1,280,000

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-sh4.msi

1,210,368

26-Jul-2010

19:22

Wincepb60-100727-kb2282391-x86.msi

1,148,928

26-Jul-2010

19:22

この更新プログラム パッケージに含まれるファイル

ファイル名

ファイル サイズ

日付

時刻

パス

Windows 埋め込まれた ce 6.0_update_kb2282391.htm

8,819

26-Jul-2010

19:13

100727_kb2282391

Mscoree3_5.dll

942,768

30-Jun-2010

17:05

Others\Dotnetv35\Armv4i

System.xml.dll

1,040,048

30-Jun-2010

16:35

Others\Dotnetv35\Managed

Mscoree3_5.dll

1,181,360

30-Jun-2010

17:18

Others\Dotnetv35\Mipsii

Mscoree3_5.dll

1,181,872

30-Jun-2010

17:21

Others\Dotnetv35\Mipsii_fp

Mscoree3_5.dll

1,180,848

30-Jun-2010

17:21

Others\Dotnetv35\Mipsiv

Mscoree3_5.dll

1,178,800

30-Jun-2010

17:22

Others\Dotnetv35\Mipsiv_fp

Mscoree3_5.dll

863,408

30-Jun-2010

17:13

Others\Dotnetv35\Sh4

Mscoree3_5.dll

708,784

30-Jun-2010

17:12

Others\Dotnetv35\X86

詳細情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×