最終更新日: 2020 年 7 月 14 日午前 10:00 PST

この問題は解決されました。 詳細については、「 次の手順 」セクションを参照してください。

要約

Windows 10 バージョン 2004 に更新した後、古いデバイスや、古いアプリがインストール されている一部のデバイスで、従来のファイル システム フィルター ドライバーを使用している場合、OneDrive アプリを介して OneDrive に接続できない場合があります。  影響を受けるデバイスは、新しいファイル オンデマンドをダウンロードできないか、以前に同期/ダウンロードしたファイルを開くことができません。 

影響を受けるデバイスには、"OneDrive は Windows に接続できません。 ファイル オンデマンドでは、このデバイスの容量を使わずにファイルを表示するために、Windows への接続が必要です。 OneDrive は、Windows への接続を試み続けるか、すべてのファイルをダウンロードすることができます。 この問題が修正されるまで、オンラインファイルのみを使用することはできません。"

OneDrive の問題のスクリーンショット

注意 上記のエラー ダイアログで [ファイルのダウンロード] ボタンが選択されている場合、一部またはすべてのファイルがローカルにダウンロードされている可能性があります。

トラブルシューティング ツールを使用した回避策

ファイル オンデマンドへのアクセスを復元するために、影響を受ける Windows 10 バージョン 2004 デバイスに推奨されるトラブルシューティング ツールがリリースされました。 ユーザー設定によっては、トラブルシューティング ツールが自動的に実行される場合があります。 トラブルシューティング ツールの実行を求めるメッセージが表示された場合は、実行を許可することをお勧めします。 トラブルシューティング ツールが実行された場合は、次の手順を実行します。

  1. [スタート ] を選 び、「トラブルシューティング」と入力 します。

  2. [設定 のトラブルシューティング] を選択します

  3. [ 設定] ダイアログの [ トラブルシューティング] セクション で [履歴の表示 ] を選択 します。

  4. トラブルシューティング ツールを実行しようとすると、タイトル、ファイル オンデマンド トラブルシューティングツール、説明を含む推奨されるトラブルシューティング ツールが表示されます。ファイル オンデマンドへのアクセス権が失われた可能性があります。 このトラブルシューティング ツールは、アクセスを復元するか、近い将来にアクセスが失われるのを防ぐためです。重要: トラブルシューティング ツールが完了したら、デバイスを再起動してください。

  5. 正常に実行できた場合は、実行した日付が<の>に正常に実行されたと表示されます。 正常に実行できない場合は、実行した日付の <>に実行できないと表示されます。

  6. 重要 トラブルシューティング ツールの実行後にデバイスが再起動されていない場合は、残りの手順に従って軽減策を完了する前に、再起動する必要があります。

  7. 重要 ファイル オンデマンドがまだ有効になっているか確認するには、通知領域の OneDrive アイコンを右クリックまたは長押しし、[設定] を選択 します

  8. OneDrive ダイアログ で、[設定] タブを選択し、容量を節約し、ファイルを使用するとダウンロードが有効になっているか確認し、[OK] ボタンを選択します。

  9. アプリ内で 1 つ以上の OneDrive アカウントを使用している場合、または OneDrive Personal と OneDrive for Business の両方を使用している場合は、アカウントごとに手順 5 と 6 を繰り返す必要があります。

  10. OneDrive アプリが接続され、期待通り実行されます。

重要: デバイスがこの問題の影響を受け、トラブルシューティング ツールが自動的に正常に実行された場合でも、手順 6 から上記の手順を手動で実行する必要があります。

手動の手順を使用した回避策

Windows Server、バージョン 2004、またはトラブルシューティング ツールが実行されていない場合に問題を軽減するには、次の手順を使用します。

  1. [スタート] ボタンを選択 し、「cmd」と入力します。

  2. コマンド プロンプトを右クリックするか長押 し、[管理者として実行] を選択します

  3. コマンド プロンプト ダイアログに次のコマンドを入力するか、コピーして 貼り付 けますreg add HKLM\System\CurrentControlSet\Services\Cldflt\instances /f /v DefaultInstance /t REG_SZ /d "CldFlt"

  4. コマンドが完了したら、デバイスを再起動します。

  5. ファイル オンデマンドがまだ有効になっているか確認するには、通知領域の OneDrive アイコンを右クリックするか長押しし、[設定] を選択 します

  6. [設定] ダイアログ ボックスで、容量を節約し、使用するファイルをダウンロードする機能が有効になっているか確認し、[OK] ボタンを選択します。

  7. アプリ内で 1 つ以上の OneDrive アカウントを使用している場合、または OneDrive Personal と OneDrive for Business の両方を使用している場合は、アカウントごとに手順 5 と 6 を繰り返す必要があります。

  8. OneDrive アプリが接続され、期待通り実行されます。

注意

  • 「トラブルシューティング ツールを使用した 回避策」セクションの上記の手順を実行すると、[ハードウェアとデバイス] というタイトルの重要なトラブルシューティング ツールに対して"実行できない" というメッセージが表示されることがあります。 これは、デバイスがファイル オンデマンドの問題の影響を受けされていないことを示しています。 ファイルオンデマンド トラブルシューティング ツールは不要で、実行されません。  デバイスを再起動する必要や、手順 5 の後の手順に従う必要は一切ない必要があります。

  • OneDrive Web ページを使用して、Web ブラウザー内のファイルにアクセスまたはダウンロードすることもできます。  OneDrive Web ページから手動でダウンロードしたファイルは自動的に同期されないので、手動でアップロードする必要があります。

次の手順

この問題はKB4565503 で解決されました

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×