要約

Windows 10、バージョン 2004、または Windows 10 バージョン 20H2 に更新しようとしている場合、更新プログラムの互換性の保持が発生し、"この PC を Windows 10 にアップグレードできません。 最新バージョンの Windows 10 にアップグレードする前に、PC の設定を調整する必要があります。"

[セーフホールド] ダイアログのスクリーンショット

原因

2021 年 1 月 7 日の現在、古い機能更新プログラムバンドルまたはメディアを使用している場合にのみ、上記のセーフホールド ダイアログを受け取る必要があります。

Windows 10 バージョン 20H2 に更新した後、サインイン オプション設定アプリ ページやローカル ユーザーとグループ MMC スナップインのユーザー フォルダーへのアクセスなど、ユーザーを一覧表示するダイアログ ウィンドウを操作すると、LSASS.exe で "PC が自動的に 1 分以内に再起動します" というテキストが表示されるというエラーが表示される場合があります。 この問題は、ローカルの組み込みアカウントの名前が変更されたデバイス (管理者やゲストなど)にのみ影響します。 アプリケーション イベント ログにイベントID 1015 が含まれますが、ステータス コード C0000374 LSASS.EXEエラーが表示される場合があります。 C0000374 はヒープ破損に関連しています。

この問題は、Windows 10 バージョン 20H2 の更新中に、同じセキュリティ識別子 (SID) と相対識別子 (RID) を使用して組み込みのユーザー アカウントが重複して作成された場合に発生します。 組み込みのユーザー アカウントの SID と RID は、この ドキュメントでよく知られているので、特定のデバイスで一意である必要があります。

更新エクスペリエンスを保護するために、Windows 10、バージョン 2004、または Windows 10 バージョン 20H2 をインストールまたは提供する場合から、これらのデバイスに互換性ホールドを適用しました。 組織で更新コンプライアンスを使用している場合、安全対策の ID は 30103339 です。

回避策

お使いのデバイスでこの問題が既に発生している場合は、次の手順に従って以前のバージョンの Windows に戻り、アンインストール ウィンドウ内で問題を軽減 できます。 アンインストール ウィンドウは、環境の構成と更新するバージョンに応じて 10 日または 30 日になる場合があります。 その後、問題が解決した後、新しいバージョンの Windows 10 に更新する必要があります。 メモ アンインストール ウィンドウ内で、DISM コマンド /Set-OSUninstallWindow を使用して、以前のバージョンの Windows 10 に戻す必要がある日数を増やします。 既定 アンインストール ウィンドウが経過する前に、この変更を行う必要があります。 詳細については 、DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンド ライン オプションを参照してください

問題を防ぎ、安全対策ホールドを受け取らない場合は、Windows 10、バージョン 2004、または Windows 10 バージョン 20H2 に更新する前に、組み込みのすべてのユーザー カウントを既定の名前に戻す必要があります。

次の手順

2020 年 1 月 7 日の時点で、この問題は解決され、デバイスが最新の機能更新バンドルと更新されたメディアを使用している場合、セーフホールドは削除されました。 お使いのデバイスに影響を与えるその他の安全対策がない場合、Windows 10、バージョン 2004、または Windows 10 バージョン 20H2 への更新が可能になるには、最大 48 時間かかる場合があります。

2020 年 12 月 3 日以降にリリースされた機能更新プログラム バンドルは、Windows Server Update Services (WSUS) と Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して展開する際に、この問題を解決します。 更新されたメディアは、Visual Studio サブスクリプション (VSS、旧 MSDN サブスクリプション) で 2020 年 12 月 3 日にリリースされ、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) では 2020 年 12 月 7 日にリリースされました。 更新されたメディアを使用している確認の詳細については、環境の機能更新に対処する方法を参照してください。 カスタム メディアを使用または作成している場合は、2020 年 11 月 17 日以降にリリースされた更新プログラムを含める必要があります。

メモWindows Update for Business を使用しているデバイス、または Windows Update に直接接続しているデバイスは、追加の手順なしで Windows Update から最新の Windows セットアップを受け取る必要があります。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×