概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の次の脆弱性を解決します。

  • この脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いた場合や、OpenType フォントが埋め込まれた信頼されていない Web ページを表示した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-078 を参照してください。

  • Internet Explorer 上の Adobe Flash Player に影響する脆弱性。 この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 2755801 および Adobe セキュリティ速報 APSB15-18 を参照してください。

  • この脆弱性により、Windows インストーラー サービスがカスタムのアクション スクリプトを誤って実行した場合に、特権が昇格される可能性があります。

また、この更新プログラムには、新しい機能と機能強化を介して Windows 10 の機能を強化するための非セキュリティ関連の変更が含まれます。

更新プログラムを入手してインストールする方法

Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手することができます。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムをインストールするためのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション: TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×