Windows 7 SP1 および Windows 8 のデバイスで Web サービスを使用してデータの転送が失敗した場合します。

現象

Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 8 を実行しているデバイス (WSD) サーバーでの Web サービスがあることを想定しています。このような場合は、転送に失敗し、データが壊れています。

原因

0x0D WSD クライアントに WSD サーバーからデータが送信されるときのバイトで終わるファイルに追加の 2 バイトが追加されるため、この問題が発生します。CWSDInboundMIMEHandler::LockAndRead関数は、キャリッジ リターンを認識できないために、追加のバイトが追加されたライン フィード (CRLF) で次のような境界の前に付いています。

  • CR で終わるデータです。

  • データは、1 つのハイフン (-) で終了します。

したがって、境界の前に CRLF を追加し、転送に失敗します。

解決策

Windows 8 の情報を更新します。

Windows 8 でこの問題を解決するには、2883201 の更新プログラム ロールアップをインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

Windows RT、Windows 8 では、Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ: 2013 年 10 月

Windows 8 と Windows 7 SP1 用の修正プログラム情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×