はじめに

この2017年3月の品質ロールアップ (SP1) および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) には、.NET Framework 3.5.1 での信頼性の累積的な改善が含まれています。 このロールアップは、定期的なメンテナンスルーチンの一部として適用することをお勧めします。 この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」と「再起動の必要性」のセクションを参照してください。

品質と信頼性の強化

  • SQL の場合Prelogin ハンドシェイク処理中、または受信した TDS パケットのサイズが予想より小さい場合は、、SqlClient で例外がスローされることがあります。 Prelogin ハンドシェイクエラーは、OverflowException として発生し、一般的な "物理接続は使用できません" という SqlException で、MARS エラーが発生します。

この更新プログラムの入手方法

Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の場合

この更新プログラムは、手動ダウンロードでのみ入手可能です。

手動ダウンロード

この更新プログラムの単体パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトにアクセスしてください。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5.1 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

適用対象

この資料は、以下を対象としています。

  • Microsoft .NET Framework 3.5.1 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×