Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2008 R2 の SP1 を実行しているコンピューターを使用するいると仮定します。Windows Internet Explorer を使用して .xml ドキュメントを開くときに、Internet Explorer プロセスでは、アクセス違反が発生し、コンテンツが含まれていないダイアログ ボックスが表示されます。さらに、アクセス違反が発生し、イベント ID 1000 がアプリケーション イベント ログでアプリケーション エラーとして報告されます。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 を実行している必要があります。Windows 7 または Windows Server 2008 R2 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

976932の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 について

レジストリ情報

このパッケージの更新プログラムを使用するのには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

この更新プログラムのグローバル バージョンは、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。さらに、日付と時刻可能性がありますを変更するファイルに対して特定の操作を実行するとき

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要 Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムのリクエスト ページにある修正プログラムは各オペレーティング システムの下に一覧表示されています。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをリクエストするには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、およびサービス区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示されているように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    サービス区分

    6.1.760
    1.22xxx

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2

    SP1

    LDR

  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • 各環境にインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報」セクションに別々に一覧表示されています。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

すべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイルのサイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Msxml3.dll

8.110.7601.22329

1,236,480

18-月-2013

22:53

x86

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイルのサイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Msxml3.dll

8.110.7601.22329

1,880,064

18-月-2013

23:20

x64

Msxml3.dll

8.110.7601.22329

1,236,480

18-月-2013

22:53

x86

IA64 ベースのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 がサポートされているすべての

ファイル名

ファイル バージョン

ファイルのサイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Msxml3.dll

8.110.7601.22329

3,148,288

18-月-2013

22:32

IA-64

Msxml3.dll

8.110.7601.22329

1,236,480

18-月-2013

22:53

x86


状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明MSXML に関する詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

MSXML SDK の概要イベント ID 1000 の詳細については、次の web サイトを参照してください。

ID 1000 のイベントに関する詳細情報

追加ファイル情報

すべてサポートされている x86 ベースのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 用の追加ファイル

ファイル名

X86_3228d92d1e66b9d2ab6420695e7dc327_31bf3856ad364e 35_6.1.7601.22329_none_ffbc817cb739ac3d.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

695

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

X86_microsoft-windows- msxml30_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22329_none_8af95c5d0e3997e1.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

186,657

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:51

プラットフォーム

該当なし

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 用の追加ファイル

ファイル名

Amd64_1566aa206655a05e3e1eecd4c0aea60d_31bf3856ad36 4e35_6.1.7601.22329_none_a426e4c34bfafcf7.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

1,040

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_ae5f597931faa7626f743b75ffcf9c2e_31bf3856ad36 4e35_6.1.7601.22329_none_80150755ff0ab152.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

699

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_microsoft-windows- msxml30_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22329_none_e717f7e0c6970917.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

186,667

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:54

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Wow64_microsoft-windows- msxml30_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22329_none_f16ca232faf7cb12.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

152,587

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:54

プラットフォーム

該当なし

すべてサポートされている IA64 ベースのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の SP1 用の追加ファイル

ファイル名

Ia64_35a9a0c21fa13ec39ecdac36f5a99f42_31bf3856ad364 e35_6.1.7601.22329_none_33e05c35034c6b29.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

1,038

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Ia64_microsoft-windows- msxml30_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22329_none_8afb00530e37a0dd.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

186,665

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Wow64_microsoft-windows- msxml30_31bf3856ad364e35_6.1.7601.22329_none_f16ca232faf7cb12.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイルのサイズ

152,587

日付 (UTC)

19-May-2013

時刻 (UTC)

04:47

プラットフォーム

該当なし


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×