Windows 8 で拡大鏡を使用すると予期しないログオフ

現象

タッチ スクリーンの Windows 8 ベースのコンピューターで拡大鏡ツールを使用するいると仮定します。200% 以上に拡大率を変更するとします。ズーム ボタンを押したしたとき (zoom out button ) を縮小しようとすると、拡大鏡が予期せず終了します。さらに、Windows がログオフされます。

解決策

更新プログラムの情報

この問題を解決するには、2845533 の更新プログラム ロールアップをインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

Windows RT、Windows 8 では、Windows Server 2012 の更新プログラムのロールアップ: 2013年 6 月

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

拡大鏡ツールの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×