Windows 8.1 および Windows Server 2012 では、.NET Framework 3.5 の品質プログラムのロールアップのプレビューを 2017年 3 月 R2 (KB 3217126): 2017 年 3 月 21日

はじめに

 

この年 2017年 3 月には Windows 8.1 の品質プログラムのロールアップし、Windows Server 2012 R2 のプレビューには、.NET Framework 3.5 では、信頼性の累積的な機能強化が含まれます。 この品質ロールアップを、定期的な保守ルーチンの一部として適用することをお勧めします。 この更新プログラムをインストールする前に、「必要条件」を参照してくださいと「再起動必要性」のセクション

 

品質と信頼性の強化

  • SQL の例外は受信した TDS パケットのサイズが予想よりも小さい場合したログイン前のハンドシェイク処理中に、または火星の通信中に SqlClient でスローされる可能性があります。 したログイン前のハンドシェイクのエラーは、としても、マニフェストは、MARS エラーが汎用としてマニフェストは「物理的な接続は使用可能ではない」と SqlException。

この更新プログラムの入手方法

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の

このアップデートは、手動でダウンロードのみで利用可能です。

手動でダウンロード

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログweb サイトに移動します。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5 がインストールされてが必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

適用対象

この資料は、以下を対象としています。

  • Microsoft .NET Framework 3.5 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows 8.1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×