Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のサービシング スタックの更新プログラム (2014 年 12 月)

Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のサービス スタックの更新プログラムについて説明します。更新は、いくつかの問題が修正され、前提条件を持ちます。

注 この更新プログラムよりもより包括的な問題を修正する追加の機能強化が含まれている更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

サービス スタックについて

サービス スタックには、ファイルおよび Windows イメージをサービスするために必要なリソースが含まれています。これには、パッケージ マネージャー実行可能ファイル、必要なサービス ライブラリ、およびその他のリソースがあります。サービス スタックは、すべての Windows インストールに含まれています。

この更新プログラムで修正される問題

問題 1

更新プログラムをインストールした後、Microsoft.NET Framework 3.5 を有効にすることはできません。

問題 2

(2014 年 11 月 18 日にリリース) される更新プログラムをアンインストールし、コンピューターを再起動した後、オペレーティング システムを再起動中にフリーズします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×