現象

次のような状況を考えます。

  • Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、または Windows Server 2008 R2 SP1 を実行しているコンピューターがあります。

  • 共有フォルダーで有効になってがあります。またはフォルダーのします。

  • サーバー メッセージ ブロック 2.0 のファイル共有プロトコルを使用するとします。既定では、Windows ベースのコンピューターでこのプロトコルが使用されます。

  • 共有フォルダーの内容を参照しようとするとします。または、共有ファイルに関連するその他の標準的な作業を実行しようとします。


このシナリオでは、サーバーの CPU 使用率が 100% に近くに急上昇するよう、遅延などのパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトのサポートから使用できます。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×