インストール情報

これらのインストール手順は、以下の Windows Azure Pack コンポーネント用です。

  • テナント サイト

  • テナント API

  • テナント パブリック API

  • 管理サイト

  • 管理 API

  • 認証

  • Windows 認証

  • 使用状況

  • 監視

  • Microsoft SQL

  • MySQL

  • Web アプリケーション ギャラリー

  • 構成差異と

  • ベスト プラクティス アナライザー

  • PowerShell API

各 Windows Azure Pack コンポーネントの更新プログラムの .msi ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. システムが稼働中 (ユーザー トラフィックを処理中) の場合は、Azure サーバーのダウンタイムをスケジュールします。 現在、Windows Azure Pack はローリング アップグレードをサポートしていません。

  2. ユーザー トラフィックを停止するか、適切と思われる代替サイトにリダイレクトします。

  3. コンピューターのバックアップを作成します。

    注意事項

    • 仮想マシンを使用している場合は、現在の状態のスナップショットを作成します。

    • 仮想マシンを使用していない場合は、WAP コンポーネントがインストールされている各コンピューターの Inetpub ディレクトリ内の MgmtSvc-* という各フォルダーをバックアップします。

    • 証明書、ホスト ヘッダー、およびすべてのポート変更に関連する情報とファイルを収集します。

  4. Windows Azure Pack テナント サイトに独自のテーマを使用している場合は、更新プログラムを実行する前に、「How to Persist a Windows Azure Pack Theme after Microsoft Upgrade」(英語情報) を参照してください。

  5. 対応するコンポーネントが実行されているコンピューターで各 .msi ファイルを実行して、更新プログラムをインストールします。 たとえば、IIS で "MgmtSvc-AdminAPI" サイトを実行しているコンピューターで、MgmtSvc-AdminAPI.msi を実行します。

  6. 負荷分散されているノードごとに、次の順序でコンポーネントの更新プログラムを実行します。

    1. WAP によってインストールされた元の自己署名証明書を使用している場合は、更新操作によってそれらの証明書が置き換えられます。 新しい証明書をエクスポートし、負荷分散の対象となっている他のノードにインポートする必要があります。 このような証明書には、CN=MgmtSvc-* (self-signed) という命名パターンがあります。

    2. 必要に応じて、リソース プロバイダー (RP) サービス (SQL Server、My SQL、SPF/VMM、Web サイト) を更新します。 また、RP サイトが稼動していることを確認します。

    3. テナント API サイト、パブリック テナント API、管理者 API ノード、管理者およびテナント認証サイトを更新します。

    4. 管理者およびテナント サイトを更新します。

    データベースのバージョンを取得し、MgmtSvc-PowerShellAPI.msi によってインストールされたデータベースを更新するスクリプトが、次の場所に保存されています。

    C:\Program Files\Management Service\MgmtSvc-PowerShellAPI\Samples\Database
    すべてのコンポーネントが更新され、正常に動作している場合は、更新されたノードへのトラフィックを開くことができます。 正常に動作していない場合は、「ロールバック手順」を参照してください。

    注:Windows Azure Pack 用の更新プログラム ロールアップ 5 以前の更新プログラム ロールアップから更新する場合は、こちらの手順に従って WAP データベースを更新してください。

問題が発生し、ロールバックが必要と判断した場合は、次の手順を実行します。 

  1. 「インストール手順」の手順 3 の 2 つ目の注意事項で説明されているスナップショットを使用できる場合は、スナップショットを適用します。 スナップショットがない場合は、次の手順に進みます。

  2. 「インストール手順」の手順 3 の 1 つ目と 3 つ目の注意事項に従ってバックアップを作成した場合は、そのバックアップを使用してデータベースとコンピューターを復元します。 

    注: システムが部分的に更新された状態のままにしないでください。 更新が 1 つのノードでのみ失敗した場合でも、Windows Azure Pack がインストールされたすべてのコンピューターでロールバック操作を実行してください。

    各 Windows Azure Pack ノードで Windows Azure Pack のベスト プラクティス アナライザーを実行して構成項目が正しいことを確認することをお勧めします。

  3. 復元されたノードへのトラフィックを開きます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×