Windows Embedded Compact 2013 の更新: 2020 年6月

概要

この記事では、windows CE アプリコンテナーを使って、windows Embedded Compact 2013 インスタンスが windows 10 IoT Core 上で動作するようにする更新プログラムについて説明します。 この機能を有効にするには、特別に指定された BSPs を使用して、Windows Embedded Compact 2013 イメージを作成します。 ネイティブで動作し、これらの新しい BSPs を使用しないシステムでは、機能や動作は影響を受けません。

また、この更新プログラムでは、Windows Embedded Compact 2013 用の以前にリリースされたすべての更新プログラムがインストールされます。

機能追加および修正

この更新プログラムでは、windows 10 iot core システムのイメージに含めることができる windows embedded compact 2013 イメージを作成することができます。これにより、windows Embedded Compact 2013 OS インスタンスとアプリケーションは、windows 10 IoT Core ハードウェアとアプリケーションでの実行とインターフェイスの設定が可能になります。 WINDOWS CE アプリコンテナー機能は、今後の Windows 10 IoT Core 更新プログラムでリリースされます。

マイクロソフト内部サポート情報

Windows CE アプリコンテナー機能は、2020年8月の更新プログラムで、Windows 10 IoT Core でリリースされます。

最新のハードウェアで CE アプリケーションを実行できるようにし、Windows 10 への段階的な移行をサポートするために、Windows CE アプリのコンテナーテクノロジは、Windows 10 IoT Core のpico プロセスを利用します。 この pico プロセスを使用するために、Windows Embedded Compact 2013 の一部の Dll のみが更新され、pico レイヤーと正しくインターフェイスします。

これらの対応 Dll のコードパスは、ARM32 または x86 用に特別に指定された BSPs を使用して、Windows Embedded Compact イメージが構築されている場合にのみ有効になります。 この機能を使うには、OS デザイナーを使用して、 WINDOWS Ce アプリコンテナー: x86またはWindows ce App container: ARMv7 (ARM32) BSP オプションを選ぶことにより、ウィンドウの埋め込みコンパクトイメージを構築する必要があります。

重要 Windows CE アプリコンテナー技術を利用していないユーザーは、この更新プログラムを適用し、既存の BSP プロファイルを使うことができます。 ユーザーは、デバイスやワークロードでの動作の違いは発生しません。

ソフトウェア更新プログラムの情報

ダウンロード情報

Windows Embedded Compact 2013 の月次更新プログラム (2020 年6月) は、Microsoft から提供されています。 この Windows Embedded Compact 2013 の月次更新プログラムをダウンロードするには、デバイスパートナーセンター (DPC)にアクセスしてください。

必要条件

この機能を使うには、IoT Core サービスと、Windows 10 IoT Core をサポートするプラットフォームも必要です。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、プラットフォーム全体のクリーンビルドを実行し、Windows CE アプリコンテナー ARM32 または x86 BSP プロファイルを含める必要があります。 これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [ビルド] メニューの [ソリューションのクリーン] をクリックし、[ソリューションのビルド] をクリックします。

  • [ビルド] メニューの [ソリューションのリビルド] をクリックします。

このソフトウェア更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換え

この更新プログラムは、以前にリリースされたすべての更新プログラムを置き換えます。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×