はじめに

Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) では、Windows Embedded Compact 7 のサポートが拡張されています。 この更新プログラムでは、Active Template Library (ATL) 機能、および Windows Embedded Compact 7 SDK 用の Microsoft Foundation Class (MFC) 機能を使用して、スマートデバイスプロジェクトを作成できます。 具体的には、この更新プログラムは次の問題を修正し、次の機能を追加します。

問題 1

MFC でサポートされている Win32 アプリケーションを作成するために Windows Embedded Compact SDK を使うと、ビルド出力に、次のいずれかのような安全でない API の警告が表示されます。

警告 C4996: ' wcstombs ': この関数または変数は、安全でない可能性があります。 代わりに wcstombs_s を使うことを検討してください。 廃止を無効にするには、_CRT_SECURE_NO_DEPRECATE を使用します。 詳細については、オンラインヘルプを参照してください。 Visual Studio 9.0 \ VC\ce\include\xlocnum

警告 C4996: ' mbstowcs ': この関数または変数は、安全でない可能性があります。 代わりに mbstowcs_s を使うことを検討してください。 廃止を無効にするには、_CRT_SECURE_NO_DEPRECATE を使用します。 詳細については、オンラインヘルプを参照してください。 Visual Studio 9.0 \ VC\ce\include\xlocnum

問題 2

ATL と MFC でサポートされている Win32 スマートデバイスプロジェクトを開発するために、Windows Embedded Compact 7 SDK を使用することを前提とします。 プロジェクトのビルド時に Visual Studio 2008 で、次のいずれかのような予期しないビルドエラーと警告が表示されます。

警告 C4985: ' _wcstoi64 ': 前の宣言に属性が存在しません。

エラー C2039: ' lstrlenW ': is ' ATL ' のメンバーではありません

問題 3

スマートデバイスプロジェクトに対して [ /md ] コンパイラオプションを使用すると、次のようなビルドエラーが発生します。

エラー LNK2001: 未解決の外部シンボル "__declspec (dllimport) クラス std:: basic_ostream<char, struct std:: char_traits<char> > std:: cout

エラー LNK2019: 未解決の外部シンボル "__declspec (dllimport) public: int __cdecl std:: ios_base:: width (int)

この問題は、Visual Studio 2008 で提供されるヘッダーと、Windows Embedded Compact 7 アプリケーションに必要なヘッダーの不一致が原因で発生します。

問題 4

ATL でサポートされているスマートデバイスプロジェクトを作成します。 プロジェクトに空のバイナリ文字列 (BSTR) のコピー操作が含まれている場合、生成されたアプリケーションを実行すると、例外が発生します。

問題 5

C++ 例外は、ATL と MFC がサポートするスマートデバイスアプリケーションを実行するときに、ARM プロセッサを使用するデバイスでは検出されません。

機能1

この更新プログラムでは、Visual Studio 2008 SP1 の ATL および Visual C++ ランタイムライブラリと、Windows Embedded Compact 7 のヘッダーが拡張されています。 これにより、Windows Embedded Compact 7 SDK の ATL 機能を備えたスマートデバイスプロジェクトを作成できます。ヘッダーファイルは、32ビットオペレーティングシステムの場合、次の場所で更新されます。

<システムドライブ>:Cd/Visual Studio 9.0 \ vc| ce764 ビット オペレーティング システム:

<システムドライブ>:\Microsoft files (x86) Visual Studio 9.0 \ vc| ce7

詳細情報

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手するには、次の Microsoft ダウンロードセンターの web サイトを参照してください。

Visual Studio 2008 SP1 向け Windows Embedded Compact 7 ATL Update

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている Windows Embedded Compact 7 用のアプリケーション開発のサポートを追加する更新プログラムが必要です。 更新プログラムの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

2483802 Windows Embedded Compact 7 のサポートを追加する Visual Studio 2008 SP1 の更新プログラムが提供されています。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。 この更新プログラムを適用する前に、Visual Studio のインスタンスをすべて終了することをお勧めします。

状態

Microsoft は、記載されている問題が、「適用対象」セクションに記載されている Microsoft 製品に問題があることを確認しています。

参照情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×