Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

次のシナリオを検討してください。

  • System Center Configuration Manager 2007 展開機能パック (OSD) タスク シーケンスを使用して、Windows OS Windows管理インターフェイス (WIM) ファイルを展開します。

  • ファイルが 4 GB を超えています。

  • マルチケース メソッドを使用して、OS WIM ファイルをデプロイします。

このシナリオでは、WIM ファイルがダウンロードされた直後にタスク シーケンスと展開が失敗します。

ユニキャストを使用して、同じWindows OS WIM ファイルが正しくデプロイされることに注意してください。 また、マルチキャスト方法を使用して、4 GB 未満の OS WIM ファイルWindows展開する場合、この問題は発生しません。

原因

Thisissue は、System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 1 (SP1) R2 の既知の問題によって発生します。 この問題では、WIM ファイル サイズが 4 GB を超えると、ハッシュ計算が正しく実行されません。

解決方法

Service Pack 情報

この問題を解決するには、この Microsoft Web サイトから入手できる Microsoft System Center Configuration Manager 2007 の最新のサービス パックを入手します:http://www.microsoft.com/download/details.aspx?FamilyID=3318741a-c038-4ab1-852a-e9c13f8a8140
このサービス パックで解決された問題の一覧については、Microsoft Knowledgebase の次の記事番号をクリックしてください。

971348 System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 2 に含まれる修正プログラムと更新プログラムの一覧

修正プログラム情報

サポートされている修正プログラムは、Microsoft から入手できます。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この記事で説明されている問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、追加のテストを受ける場合があります。 そのため、この問題の影響を大きく受けない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムを待機することをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロードが可能」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートに問い合わせ、修正プログラムを入手してください。

注: 追加の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス要求を作成する必要があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムに該当しない追加のサポートの質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧、または個別のサービス要求を作成するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: "修正プログラムのダウンロード可能" フォームには、修正プログラムを使用できる言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語で修正プログラムを使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの交換に関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムを置き換えるものではありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降) があります。 これらのファイルの日付と時刻は、協定世界時 (UTC) で一覧表示されます。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] ツールの [タイム ゾーン] タブを使用します。

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Time

Platform

Mcs.msi

該当なし

7,138,304

2008 年 12 月 1 日

1,501

該当なし

Smswdstp.dll

4.0.6221.1176

119,128

2008 年 12 月 1 日

1,501

x86

Smswdstp.dll

4.0.6221.1176

286,040

2008 年 12 月 1 日

1,501

x64


回避策

この問題を回避するには、ユニキャストメソッドを使用して展開するか、4 GB 未満の OS WIM ファイルを使用します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

Microsoft Knowledge Base (KB) の記事971413に記載されている修正プログラムをインストールすると、マルチキャスト OS の展開が機能しなくなる可能性があります。 これには、Windows 4 GB 未満の OS WIM ファイルが含まれます。

KB の記事971413に記載されている修正プログラムをインストールすると、サイトのリセットが開始されます。 サイト リセットでは、すべてのサイト コンポーネントが再インストールされます。 ただし、次の条件に該当する場合、マルチキャスト セッションは失敗します。

  • マルチキャスト セッションは、サイトのリセット手順の直後に開始されます。

  • サイトのリセット手順は完了していません。

  • すべてのコンポーネントが再集計プロセスを完了したわけではありません。特に、マルチキャストに関連するコンポーネントです。

この問題を解決する最も簡単な方法は、マルチキャスト OS 展開を実行する前にしばらく待つ方法です。 ただし、マルチキャスト展開がまだ機能していない場合は、次に説明する方法に従います。

方法 1

  1. OS イメージのプロパティで、[ このパッケージをマルチキャスト経由で転送することを許可する (WinPE のみ)] オプションを 無効にして再度有効にします。

  2. マルチキャスト配布ポイント (DP) のプロパティで マルチキャストオプションを無効にしてから再度有効にします。

  3. WDS を再インストールします。

注: 4 GB を超えるファイルに対するマルチキャスト展開がまだ機能しない場合は、次の方法に従います。

方法 2

  1. System Center Configuration Manager 2007 コンソールの [オペレーティング システム イメージ] で、マルチキャストされている OS イメージを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [分布設定] タブをクリックします。

  3. [このパッケージをマルチキャスト経由で転送することを許可する (WinPE のみ)] オプションをオフにし、[適用] をクリックします

  4. [ このパッケージをマルチキャスト経由で転送することを許可する (WinPE のみ)] オプションをオンにし、[OK] をクリック
    します

  5. マルチキャスト用に設定されている OS イメージごとに、手順 1 ~ 手順 4 を繰り返します。

注: 4 GB を超えるファイルに対するマルチキャスト展開がまだ機能しない場合は、次の方法に従います。

方法 3

  1. System Center Configuration Manager 2007 コンソールの [オペレーティング システム イメージ] で、マルチキャストされている OS イメージを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [分布設定] タブをクリックします。

  3. マルチキャスト (WinPE のみ) を使用してこのパッケージの転送を許可するオプションをオフにし、[OK] をクリックします。

  4. マルチキャスト用に設定されている OS イメージごとに、この方法の手順 1 ~ 手順 3 を繰り返します。

  5. DP ロールのプロパティでマルチキャスト DP を無効にします。 これを行うには、[ マルチキャスト ] タブをクリックし、[ マルチキャストを有効にする] オプションをオフにして、[OK] をクリック します

  6. MCSSetup.log ファイルと MCSMSI.log ファイルを監視します。 ファイルが正常にアンインストールされるまで待ちます。

  7. DP ロールのプロパティにマルチキャストを再インストールします。 これを行うには、[ マルチキャスト ] タブをクリックし、[ マルチキャストを有効にする] をオンにして、[OK] をクリック します

  8. MCSSetup.log ファイルと MCSMSI.log ファイルを監視します。 ファイルが正常にインストールされるまで待ちます。

  9. System Center Configuration Manager 2007 コンソールの [オペレーティング システム イメージ] で、マルチキャストされている OS イメージを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  10. [分布設定] タブをクリックします。

  11. [ このパッケージをマルチキャスト経由で転送することを許可する (WinPE のみ)] オプションをオンにし、[OK] をクリック
    します

  12. マルチキャストに設定されている OS イメージごとに、この方法の手順 9 ~ 手順 11 を繰り返します。

注: 4 GB を超えるファイルに対するマルチキャスト展開がまだ機能しない場合は、次の方法に従います。

方法 4

  1. 方法 3 の手順 1 から手順 6 に従います。

  2. サーバーが PXE サービス ポイントでない場合は、この方法の手順 5 に進みます。

  3. サーバーが PXE サービス ポイントでもある場合は、PXEBOOTIMAGES$ DP からブート イメージを削除し、ConfigMgr PXE サービス ポイントの役割をアンインストールします。

  4. PXESetup.log ファイルを監視し、PXE サービス ポイントが正しくアンインストールされていることを確認します。

  5. WDS をアンインストールします。

  6. メッセージが表示されたら、サーバーを再起動します。

  7. WDS を再インストールして、展開サーバーとトランスポート サーバーの両方を選択していることを確認します。

  8. サーバーが PXE サービス ポイントでない場合は、この方法の手順 12 に進みます。

  9. サーバーが PXE サービス ポイントでもある場合は、ConfigMgr PXE サービス ポイントの役割を再インストールします。

  10. PXESetup.log ファイルを監視し、PXE サービス ポイントが正しくインストールされていることを確認します。 ログにサーバーの再起動を求めるメッセージが表示された場合は、サーバーを再起動します。

  11. ブート イメージを PXEBOOTIMAGES$ DP に追加します。

  12. 方法 3 の手順 7 から手順 13 に従います。


詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

824684 Microsoft ソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準用語の説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×