Windows RT 8.1、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の 2014 年 9 月付更新プログラムのロールアップ

重要: Windows Update からこの更新プログラム (2984006) をインストールすると、2994897、2977174、および 2995004 の更新プログラムがインストールに含まれます。

2014年 9 月 Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 は、更新プログラムのロールアップ パッケージの解決の問題、およびパフォーマンスと信頼性の向上が含まれています。定期的なメンテナンス ルーチンの一部として、この更新プログラムのロールアップを適用することをお勧めします。この更新プログラムで修正される問題を確認します。前提条件と、再起動の必要性この更新プログラムをインストールするためにも注目してください。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラム パッケージは、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題を修正します。

ホーム ユーザー。

  • タッチパッドのログオン画面で無効になっています。

  • ダウンロードは、Xbox のビデオでは 99% で停止します。

  • 販売促進用のアイテムが正しく表示されない Windows ストア

  • 年 2014年 9 月 OneDrive の信頼性を更新します。

  • ウィンドウ ジャンプ 2 回タッチパッドを 1 回スクロール バーの矢印をタップすると

  • 精度のタッチパッドの設定は、ユーザー間で一貫性のあるではありません。

  • Microsoft Outlook で添付ファイルを開くまでに時間がかかる

  • Bing スマート検索のためのの改善

  • V4 PostScript プリンターのプリンターの使用と、カスタム ページ サイズは無視されます。

  • Wi-fi 接続は確立されていない、または Wi-fi の直接の近接性のテストが失敗します。

  • 0x3B stop エラーが発生したランダムに Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターにログオンすると、

  • のタスク バーが正常に動作しない、または Windows Server 2012 R2 と Windows 8.1 では重複しています

IT プロフェッショナル向け。

  • は、Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2003 の混在環境でのコンピューター アカウントのパスワードを変更した後ログオンできません。

  • RDP セッションが不安定に UDP を使用する場合

  • RDP 接続は、非-英語版 Windows Server 2012 R2 を実行しているリモート デスクトップ ライセンス サーバーを使用する場合、 イベント 1043

  • Get PcsvDevice コマンドレットを実行すると「HTTP エラー (12152)」であるが発生します。

  • 「WSAEACCES」エラーおよび Windows Server 2012 R2 の仮想インターフェイスの TCP 接続に失敗します。

  • Clussvc.exe またはクラスター ノードがノードは、Windows Server 2012 R2 のクラスター内の別のノードにメッセージを送信するときにクラッシュします。

  • ブロードキャスト ストームが発生した仮想スイッチ重複後 Windows 8.1 でのネットワーク パケット

  • 信頼されたフォレストのドメインのユーザーは、Windows のローカル グループに追加できません。

  • T-モバイル アプリケーションと Windows 8.1 で Windows 8 の Fogg のモバイル デバイスの Windows APN データベースのエントリを更新します。

  • シャット ダウンしてから、アプリケーションまたはサービスを防ぐことはできませんか、msiexec コマンドを使用して再起動

  • LPRemove タスクを実行した後、アプリケーションがクラッシュします。

  • Azure RemoteApp との互換性を向上させる更新


この更新プログラムに関する既知の問題

既知の問題 3
DNS イベントのテキストは Windows Server 2012 R2 ベースの DNS サーバーでまたは毎月の更新プログラムの新しいバージョンをインストールした後、DNS マネージャーの mmc スナップインでは表示されません。

緩和策
DNS イベントを表示するには、イベント ビューアー] と [コンピューターの管理スナップインを使用します。

更新プログラムのロールアップの入手方法

方法 1: Windows Updateこの更新プログラムが提供されているから重要更新プログラムとして。自動更新をオンにすると、この更新プログラムは自動的にインストールされます。

  1. 画面の右端からスワイプして Windows Update を表示 (または、マウスを使用している場合、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上方向に移動) し、[設定] をタップまたはクリックして、[PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[更新および回復] をタップまたはクリックします。

  2. [今すぐチェック] をタップまたはクリックし、Windows がコンピューター用の最新の更新プログラムを探す間待ちます。

  3. 更新プログラムが見つかった場合は、[更新プログラムのインストール] をタップまたはクリックします。

  4. オプションで、[更新プログラム 2984006 を選択] をタップしとインストール] をクリックします。

注 一部の更新プログラムのインストール後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。何も失われることがないように、再起動する前に、ファイルまたはアプリを保存してから閉じます



Windows Update の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センターMicrosoft ダウンロード センターから更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得することもできます。
Download
Download
Download

注 Windows RT 8.1 用更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

更新プログラムの詳細情報

必要条件この更新プログラムを適用するには、最初に Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 に更新プログラム 2919355 をインストールする必要があります。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新: 2014 年 4 月

再起動に関する情報この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報この更新プログラムにより、以前にリリースされた更新プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

ファイルの詳細情報この更新プログラム 2984006 に記載されているファイルのリストは、 をダウンロードします。

ファイル ハッシュの情報次の表は、更新プログラム (.msu) の署名に使用される証明書の拇印(サムプリント)をリストアップしたものです。ダウンロードする更新プログラムに示された証明書の拇印が、マイクロソフト サポート技術情報の記事にある証明書の拇印であることを確認してください。


ファイル名

SHA1 および SHA2

Windows8.1-KB2984006-arm.msu

SHA1: A1A8BD3E4AD7B1A59B213BA87E4033BAB1D8F140
SHA256: E703A9DE44EC2AE72ABAA5A970E3317D617962ED38C0AF2CCCC6F8F1D8B39F8B

Windows8.1-KB2984006-x64.msu

SHA1: 28BCC3E360008386BF66E0BF1D432097A8A67DFA
SHA256: ECFDA6CBDD45649540B89673E750A38D343BB50D81DE2846DE0D89AFD289C90D

Windows8.1-KB2984006-x86.msu

SHA1: E1D3392D9890D9D0B7C9053B4CBE7B069C344EF0
SHA256: 163845199703724AFF4EE4956E07057D15739D094E334F95AD2672B6CF8725A3

Windows8.1-KB2994897-arm.msu

SHA1: 785DBECFCFA5FB19D8D6467499211F2FA3F6E12C
SHA256: 4CFA85A3C9FBBBCA3869C181C34E28C1F962187146B895AAD796769EC7A118D0

Windows8.1-KB2994897-x64.msu

SHA1: 2236B5AF818509A52B0B9524D60D8E7A4A4BF8D9
SHA256: AA3EFAA1CBFB16690C6727DFA9653B67DFD8E39CE308A15716368FC599AE67CA

Windows8.1-KB2994897-x86.msu

SHA1: 6B553E12F7AF6AEE9A6079AE0B38D5E2FFE74871
SHA256: 779BB8678E1406015910A7170E2F815F66ADC8AAD9F7D82CFADB193D6000BB3F

Windows8.1-KB2977174-arm.msu

SHA1: DF96F84CE51C796294048B6DC288DB50975BB5B5
SHA256: A74F228A7590BC9FE6EDFAD09642469A66B4C5EBC592EB73B7C80195DB796E84

Windows8.1-KB2977174-x64.msu

SHA1: 1C00EC4CA11DCACB6596B928491E67E34453862A
SHA256: 9B2ADAAFB3A71529E56A20D44A8F0A15AFD6E873508A17BDB82845899F68E6FB

Windows8.1-KB2977174-x86.msu

SHA1: 9801D8491384D6172C988C7EE0F0645646B86DCA
SHA256: 235EA1A7DCA7B6DB9DF56ACADA263673468F1118DD05C6EC4D19A06D10701A84

Windows8.1-KB2995004-arm.msu

SHA1: 2198822532945A9AC3C0122875EB6E0F53E03407
SHA256: 8EFF97A4EBE36F1042DB1868B71AEF238235874FDCEE7DC0D579C5ED59FF030B

Windows8.1-KB2995004-x64.msu

SHA1: 9FF7F6D8F1E69349192BEF6672EF2FD0B47F7544
SHA256: 09FAB093158D3864A19D2C6063E4CA3277E59D44A5879429F5B189D9CEA3D7C3

Windows8.1-KB2995004-x86.msu

SHA1: 6D011BC0626DCE118403C46F7A66B1ACDB0A7FFE
SHA256: D36AF68A4138D00BFABEC94D5A4596988ED2F3D0FBCDD12D3B1B1A9D21C102B5

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×