Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラムのロールアップ 4 が使用可能

概要

この資料では、Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー ツール (Windows Server ソリューション BPA) 1.0 の更新 4 を説明します。更新 4 には、新しいベスト ・ プラクティスが含まれていて、いくつかの問題も解決します。

Windows Server ソリューションの BPA は、Microsoft ベースライン構成アナライザー (MBCA) テクノロジに組み込まれている診断ツールです。Windows Server ソリューションの BPA は、次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターをスキャンし、推奨されるベスト プラクティスの定義済みセットを既存のサーバーの設定を比較し、します。

  • Windows Small Business Server 2011 (SBS) の標準

  • Windows Small Business Server 2011 (SBS) の基礎

  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎

  • Windows マルチポイント サーバー 2011年の標準

  • Windows マルチポイント サーバー 2011年プレミアム

Windows Server ソリューションの BPA は、次のタスクを実行します。

  • サーバーに関する情報を収集します。

  • サーバーの設定をお勧めするベスト ・ プラクティスのセット準拠かどうかを決定します。

  • サーバーの設定と推奨されるベスト プラクティスとの違いを識別するスキャン結果のレポートが用意されています

  • サーバーで問題が発生する条件を識別します。

  • 推奨される潜在的な問題の解決策

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

Windows SBS 2011 Standard を実行している場合にこの更新を入手するのには次の方法のいずれかの手順に従います。

  • 既定では、マイクロソフトの更新プログラムは、Windows SBS 2011 standard では、WSUS のサービスを指します。この更新プログラムは、管理コンソールの [更新] タブに表示されます。この更新プログラムを展開した後、マイクロソフトの更新プログラムのインストールに使用可能と表示されます。

  • Windows SBS 2011 standard に、Microsoft Update を使用すると、この更新プログラムをインストールすることもできます。これを行うには、Windows の更新プログラムを起動し、 Windows Update から更新プログラムをオンラインで確認] オプションを選択します。他のマイクロソフト製品の更新の取得] をクリックし、マイクロソフトの更新プログラムを選択するプロセスを完了します。クリックして更新プログラムを入手するのには、Microsoft Update で更新プログラムの確認をします。

Windows SBS 2011 Essentials や Windows 記憶域サーバー 2008 R2 Essentials では、マルチポイント サーバー 2011 の Windows を実行している場合にこの更新を入手するのには次の手順に従います。

  1. Windows Update では、[ Microsoft Update からのフリー ソフトウェアに関する詳細については、詳細についてはこちらをクリックしてで Microsoft Update から更新プログラムを入手する手順です。既にを選択した場合にマイクロソフトの更新プログラムに、この手順を無視できます。

  2. Windows の更新プログラム、更新プログラムの確認をクリックします。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。

  • Windows SBS 2011 Standard

  • Windows SBS 2011 Essentials

  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎

  • Windows マルチポイント サーバー 2011年の標準

  • Windows マルチポイント サーバー 2011年プレミアム

さらに、インストールされている Windows Server ソリューションの BPA 1.0 が必要です。

レジストリ情報

このパッケージの更新プログラムを適用する際、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以下の更新プログラムが置き換えられます。

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラムが利用可能です

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新 2 が使用可能

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラム ロールアップ 3 が使用可能

これで解決される問題の更新

問題 1

Windows SBS 2011 Essentials の複数のネットワーク アダプターが存在する場合、Windows Server ソリューションの BPA は、正しいネットワーク アダプターを取得できません。

問題 2

EWSMaxReqLengthルールの解像度を適用した後、Outlook Web Access から電子メール メッセージを削除できません。

問題 3

チェック WebSvcAuthルールの解像度が適切ではありません。

問題 4

証明書のサブジェクト名にスペースが含まれる場合、チェック CertSubjectとConnectCertルールが実行されるされません正しく。

問題 5

Windows Server ソリューションの BPA の 1.0 は、Windows SBS 2011 standard および Windows SBS 2011 Essentials の最新の更新プログラム ロールアップにはチェックされません。

この更新プログラムで追加された新しいルール

この更新プログラムをインストールした後、次の新しい規則は、Windows Server ソリューションの BPA に追加されます。

  • DefWebSiteExtended

    このルールは、既定の web サイトが正しく拡張するかどうかを確認します。

  • RemoteVDirAuthentication

    このルールは、匿名認証が無効になっているかどうかを確認します。

  • SelfUpdateVDirSSL

    このルールは、SSL プロトコルが有効になっているかどうか、または自動の仮想ディレクトリで匿名認証が無効になっているかどうかを確認します。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×