現象

Windows Server 2003 ベースのコンピューターを起動した後、コンピューターが応答を停止 (ハング) を停止することがあります。このような場合は、多くのサービスを開始できません。 さらに、1 つまたは複数、以下の現象が発生します。

  • コンピューターにログオンするドメイン ユーザー アカウントを使用すると、ログオン プロセスが応答しなくなります。さらに、Windows のログオン ダイアログ ボックスで、ユーザー名とパスワードを入力した後は、灰色の画面が表示されます。

  • Windows のログオン スクリーン セーバーを終了した後に、灰色の画面が表示されます。

  • クライアントは、リモート デスクトップ接続を使用してコンピューターに接続できません。

これらの現象は、コンピューターを再起動した後に消えることがあります。

これらの現象が発生した場合でも、次の操作を実行できます。

  • コンピューターにログオンするローカル ユーザー アカウントを使用すると、ログオン プロセスが成功します。

  • このコンピューターを別のコンピューターからの ping を実行すると、応答が表示されます。

  • このコンピューター上の任意のファイル共有に正常にアクセスできます。

原因

この問題は、Rpcrt4.dll モジュールがミュー テックス リソースを正しく管理するために発生する可能性があります。そのため、Lsass.exe プロセスのいくつかのスレッドで、デッドロックが発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×