Windows Server 2003 MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージ 15 で固定されている MS DTC の問題の一覧

はじめに

この資料では、Windows Server 2003 MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージ 15 で修正される Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) の問題が一覧表示されます。各修正プログラム ロールアップ パッケージには、以前の Windows Server 2003 の MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージでリリースされたすべての修正プログラムが含まれています。

この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される問題

この修正プログラム ロールアップ パッケージでは、以前、マイクロソフト サポート技術情報資料に記載されていたない次の 2 つの問題を修正します。

問題 1

トランザクション インターネット プロトコル (TIP) の従属するトランザクション マネージャーは、トランザクションを Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) からヒントを使用して、プル、ときに、MS DTC サービスでメモリ リークが発生を引き起こすことがあります。MS DTC からトランザクションを繰り返しプルしているときにリークしたメモリが蓄積され、最終的にこの原因が、MS DTC プロセスを終了します。

問題 2

次のような状況を考えます。

  • MS DTC は、依存しているディスク上のクラスター リソースとして配置されます。

  • ディスクには、複数のパーティション (ボリューム) があります。

  • ディスクの先頭に新しいパーティションを作成します。

このシナリオでは、MS DTC リソースできないことがありますがオンラインになります。

原因

問題 1 の原因

ヒント従属するトランザクション マネージャーがトランザクションを取得は、MS DTC サービスのインスタンスにプルTIP コマンドを送信し、コマンドは、上位のトランザクション id を指定します。 MS DTC サービスは指定した識別子によってトランザクションのオブジェクトを検索しようとしていますし、 PULLEDの TIP コマンドを発行してヒント従属するトランザクション マネージャーにサービスが応答します。

プル ヒント要求の処理中にメモリ リークが発生します。繰り返し取得コマンドがリークしたメモリが蓄積されると、MS DTC サービスに送信するヒントと、この最終的ににより、MS DTC プロセスが終了します。

2 の問題の原因

クラスターの MS DTC リソースが作成されると、DTC ログ ファイルを保存するのには、ディスクの最初のパーティションが使用され、このパーティションは、レジストリに記録されます。クラスター化された MS DTC リソースがオンライン状態になるたびに (レジストリに記録されています) とは、ログ ファイルのパスがディスク上に存在するかどうかを検証します。

ただし、MS DTC は、最初のパーティションのみをチェックします。この問題は、新しいパーティションが作成され、新しいパーティションが最初のパーティションになりますし、場合に発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×