はじめに

この資料では、Windows Server 2003 MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージ 15 で修正される Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) の問題が一覧表示されます。各修正プログラム ロールアップ パッケージには、以前の Windows Server 2003 の MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージでリリースされたすべての修正プログラムが含まれています。

この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される問題

この修正プログラム ロールアップ パッケージでは、以前、マイクロソフト サポート技術情報資料に記載されていたない次の 2 つの問題を修正します。

問題 1

トランザクション インターネット プロトコル (TIP) の従属するトランザクション マネージャーは、トランザクションを Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MS DTC) からヒントを使用して、プル、ときに、MS DTC サービスでメモリ リークが発生を引き起こすことがあります。MS DTC からトランザクションを繰り返しプルしているときにリークしたメモリが蓄積され、最終的にこの原因が、MS DTC プロセスを終了します。

問題 2

次のような状況を考えます。

  • MS DTC は、依存しているディスク上のクラスター リソースとして配置されます。

  • ディスクには、複数のパーティション (ボリューム) があります。

  • ディスクの先頭に新しいパーティションを作成します。

このシナリオでは、MS DTC リソースできないことがありますがオンラインになります。

原因

問題 1 の原因

ヒント従属するトランザクション マネージャーがトランザクションを取得は、MS DTC サービスのインスタンスにプルTIP コマンドを送信し、コマンドは、上位のトランザクション id を指定します。 MS DTC サービスは指定した識別子によってトランザクションのオブジェクトを検索しようとしていますし、 PULLEDの TIP コマンドを発行してヒント従属するトランザクション マネージャーにサービスが応答します。

プル ヒント要求の処理中にメモリ リークが発生します。繰り返し取得コマンドがリークしたメモリが蓄積されると、MS DTC サービスに送信するヒントと、この最終的ににより、MS DTC プロセスが終了します。

2 の問題の原因

クラスターの MS DTC リソースが作成されると、DTC ログ ファイルを保存するのには、ディスクの最初のパーティションが使用され、このパーティションは、レジストリに記録されます。クラスター化された MS DTC リソースがオンライン状態になるたびに (レジストリに記録されています) とは、ログ ファイルのパスがディスク上に存在するかどうかを検証します。

ただし、MS DTC は、最初のパーティションのみをチェックします。この問題は、新しいパーティションが作成され、新しいパーティションが最初のパーティションになりますし、場合に発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

Windows Server 2003 Service Pack 1 が必要か、この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用するのには Windows Server 2003 Service Pack 2 がインストールされています。

再起動の必要性

この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、MS DTC サービスを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報


Windows Server 2003 の MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されるバグの累積されます。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

952943リスト、MS DTC の Windows Server 2003 MS DTC 修正プログラム ロールアップ パッケージ 14 で修正されるバグします。


ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョン

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

SP の要件

サービス区分

Msdtc.exe

2001.12.4720.3316

6,144

30-Mar-2009

10:36

SP1

SP1QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.3316

76,288

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.3316

472,576

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.3316

98,304

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.3316

1,053,696

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.3316

166,400

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.3316

80,384

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.3316

111,616

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Xolehlp.dll

2001.12.4720.3316

10,752

30-Mar-2009

15:24

SP1

SP1QFE

Msdtc.exe

2001.12.4720.4485

6,144

30-Mar-2009

11:35

SP2

SP2QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.4485

76,288

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.4485

470,016

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.4485

98,304

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.4485

1,054,208

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.4485

167,424

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.4485

79,872

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.4485

111,104

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Xolehlp.dll

2001.12.4720.4485

10,752

30-Mar-2009

15:45

SP2

SP2QFE

Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

SP の要件

サービス区分

Msdtc.exe

2001.12.4720.3316

6,656

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.3316

142,336

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.3316

833,024

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.3316

131,072

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.3316

2,158,080

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.3316

291,840

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.3316

146,944

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.3316

175,104

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Xolehlp.dll

2001.12.4720.3316

10,752

30-Mar-2009

13:53

x64

SP1

SP1QFE

Wmsdtcprx.dll

2001.12.4720.3316

472,576

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmsdtcuiu.dll

2001.12.4720.3316

166,400

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmtxclu.dll

2001.12.4720.3316

80,384

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmtxoci.dll

2001.12.4720.3316

111,616

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wxolehlp.dll

2001.12.4720.3316

10,752

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Msdtc.exe

2001.12.4720.4485

6,656

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.4485

142,848

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.4485

835,072

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.4485

131,072

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.4485

2,158,080

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.4485

290,816

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.4485

146,944

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.4485

175,104

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Xolehlp.dll

2001.12.4720.4485

10,752

30-Mar-2009

14:02

x64

SP2

SP2QFE

Wmsdtcprx.dll

2001.12.4720.4485

470,016

30-Mar-2009

14:02

x86

SP2

WOW

Wmsdtcuiu.dll

2001.12.4720.4485

167,424

30-Mar-2009

14:02

x86

SP2

WOW

Wmtxclu.dll

2001.12.4720.4485

79,872

30-Mar-2009

14:02

x86

SP2

WOW

Wmtxoci.dll

2001.12.4720.4485

111,104

30-Mar-2009

14:02

x86

SP2

WOW

Wxolehlp.dll

2001.12.4720.4485

10,752

30-Mar-2009

14:02

x86

SP2

WOW

Windows Server 2003 では、Itanium ベースのバージョン

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

SP の要件

サービス区分

Msdtc.exe

2001.12.4720.3316

9,728

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.3316

231,936

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.3316

1,338,880

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.3316

241,152

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.3316

3,214,336

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.3316

485,888

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.3316

210,944

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.3316

322,048

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Olehlp.dll x

2001.12.4720.3316

18,432

30-Mar-2009

13:53

IA-64

SP1

SP1QFE

Wmsdtcprx.dll

2001.12.4720.3316

472,576

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmsdtcuiu.dll

2001.12.4720.3316

166,400

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmtxclu.dll

2001.12.4720.3316

80,384

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wmtxoci.dll

2001.12.4720.3316

111,616

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Wxolehlp.dll

2001.12.4720.3316

10,752

30-Mar-2009

13:53

x86

SP1

WOW

Msdtc.exe

2001.12.4720.4485

9,728

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Msdtclog.dll

2001.12.4720.4485

232,960

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Msdtcprx.dll

2001.12.4720.4485

1,340,928

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Msdtcstp.dll

2001.12.4720.4485

241,152

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Msdtctm.dll

2001.12.4720.4485

3,216,384

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Msdtcuiu.dll

2001.12.4720.4485

486,912

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Mtxclu.dll

2001.12.4720.4485

210,944

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Mtxoci.dll

2001.12.4720.4485

322,048

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Xolehlp.dll

2001.12.4720.4485

18,432

30-Mar-2009

13:59

IA-64

SP2

SP2QFE

Wmsdtcprx.dll

2001.12.4720.4485

470,016

30-Mar-2009

13:59

x86

SP2

WOW

Wmsdtcuiu.dll

2001.12.4720.4485

167,424

30-Mar-2009

13:59

x86

SP2

WOW

Wmtxclu.dll

2001.12.4720.4485

79,872

30-Mar-2009

13:59

x86

SP2

WOW

Wmtxoci.dll

2001.12.4720.4485

111,104

30-Mar-2009

13:59

x86

SP2

WOW

Wxolehlp.dll

2001.12.4720.4485

10,752

30-Mar-2009

13:59

x86

SP2

WOW

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

TIP トランザクションの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms679484(VS.85).aspx構成する方法の詳細については、Windows Server 2003 クラスター上の MS DTC は、Microsoft サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

301600 Windows Server 2003 クラスター上の Microsoft 分散トランザクション コーディネーターを構成する方法


詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×