Windows Server 2008 が予期せず再起動仮想マシンを管理するためには、HYPER-V マネージャー コンソールを開くと

これが適切な修正かどうかわからないことがあります。この問題を確認できるを追加しました。

現象

HYPER-V 役割がインストールされている Windows Server 2008 ベースのコンピューター、仮想マシンを管理するためには、HYPER-V マネージャー コンソールを開きます。これを行うには、Windows Server 2008 が予期せず再起動します。さらに、次のような停止エラー メッセージが表示されます。

rdbss.sys で 0x000000E3 (パラメーター 1パラメーター 2パラメーター 3,パラメーター 4) RESOURCE_NOT_OWNED

注:

  • この停止エラー メッセージ内のパラメーターは、コンピューターの構成によって異なります。

  • すべての"0x000000E3"Stop エラー メッセージは、この問題が原因です。

この問題が発生した場合、次のイベントがシステム ログに記録されます。

原因

この問題は、リダイレクト ドライバー バッファリング サブシステム (Rdbss.sys) ドライバーでは、不適切なメソッドを使用して、取得するか、リソースを解放するために発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×