Windows Server 2008 における Microsoft Color Management の情報漏えいの脆弱性を解決するためのセキュリティ更新プログラムについて2018 年 1 月 4 日

概要

情報漏えいの脆弱性は、Color Management Module (ICM32.dll) がメモリ内のオブジェクトを処理するときに発生します。 この脆弱性を利用して攻撃者は、狙ったシステム上のユーザーモード ASLR (Address Space Layout Randomization) をバイパスする情報を入手する可能性があります。 情報漏えい自体によって恣意的なコード実行が可能になることはありません。 しかし、攻撃者が他の脆弱性と組み合わせてこの脆弱性を利用した場合には、恣意的なコードの実行が可能になる可能性があります。

この脆弱性の詳細については、 を参照してください。

詳細情報

重要

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「」を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 自動更新を有効にする方法の詳細については、「」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Web サイトにアクセスします。

詳細情報

更新プログラムのインストールのヘルプ:

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:

国ごとのローカル サポート:

展開方法に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。


ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows Server 2008 のファイル情報

注意事項

インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

ファイル情報

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

Windows6.0-KB4056942-x64.msu

7FC0413BC5B4C22A95F971FBBC1635E3F4F7283D

EA5D32B8CFA19290342390B30E5F0FBD88EE0FBEFC830C603BF25CF741236E3C

Windows6.0-KB4056942-x86.msu

05CE724B74F2F73A8814409001D02DFBF0F7E91C

DB656811086E69580E11AC42859268866B873C9F4CA6D8B78920E3C78D3617AF

Windows6.0-KB4056942-ia64.msu

D0D8D2253CB5134F7AFF42C9EE53EA456E79DA1E

9D27AE120851DF8287630B0614FCB5C923ED7E2C5371166EF139BDF412979724

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Icm32.dll

6.0.6002.24259

252,928

09-Dec-2017

01:03

x64

Mscms.dll

6.0.6002.24259

519,680

09-Dec-2017

01:03

x64

Wcspluginservice.dll

6.0.6002.24259

39,936

09-Dec-2017

01:04

x64

Icm32.dll

6.0.6002.24259

215,040

09-Dec-2017

01:15

x86

Mscms.dll

6.0.6002.24259

391,680

09-Dec-2017

01:15

x86

Wcspluginservice.dll

6.0.6002.24259

32,256

09-Dec-2017

01:15

x86

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Icm32.dll

6.0.6002.24259

215,040

09-Dec-2017

01:15

x86

Mscms.dll

6.0.6002.24259

391,680

09-Dec-2017

01:15

x86

Wcspluginservice.dll

6.0.6002.24259

32,256

09-Dec-2017

01:15

x86

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Icm32.dll

6.0.6002.24259

772,608

09-Dec-2017

00:53

IA-64

Mscms.dll

6.0.6002.24259

1,190,400

09-Dec-2017

00:53

IA-64

Wcspluginservice.dll

6.0.6002.24259

80,896

09-Dec-2017

00:53

IA-64

Icm32.dll

6.0.6002.24259

215,040

09-Dec-2017

01:15

x86

Mscms.dll

6.0.6002.24259

391,680

09-Dec-2017

01:15

x86

Wcspluginservice.dll

6.0.6002.24259

32,256

09-Dec-2017

01:15

x86

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×