現象

Windows Server 2008 を Windows Server 2008 R2 にアップグレードすると、次のエラーメッセージが表示されます。

これらの Windows 機能は、アップグレード後に正常に動作しない可能性があります。 アップグレードする前に、機能をオフにすることをお勧めします。 アップグレードをキャンセルし、コントロールパネルを開き、「Windows の機能を有効または無効にする」を検索します。 Windows SharePoint Services 3.0

Windows Server 2008 を Windows Server 2012 にアップグレードすると、次のエラーメッセージが表示されます。

Windows がインストールされていない場合は、これらの操作を行ってください。 Windows セットアップを終了して各操作を行い、Windows セットアップを再起動して続行します。続行する前に、システムファイルへの必要な変更を行うには、Windows を再起動する必要があります。これらの変更を加えます。これらの Windows の機能をオフにします。Windows SharePoint Services 3.0 – Microsoft サポート技術情報の記事: 962216 を参照してください。

原因

この問題が発生するのは、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 および Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 1 のリリースバージョンが Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 でサポートされていないためです。  

解決方法

Windows server 2008 が Windows server 2008 R2 または Windows Server 2012 にアップグレードされる前に、windows SharePoint Services 3.0 を Service Pack 2 にアップグレードする必要があります。 Service Pack 2 以降では、windows Server 2008 R2 および Windows Server 2012 でサポートされている Windows SharePoint Services 3.0 です。 Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターに Windows SharePoint Services 3.0 SP2 をインストールするには、次の Microsoft ダウンロードセンター web サイトのいずれかに移動します。

Windows SharePoint Services 3.0 (Service Pack 2)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×