Windows Server 2008 R2 の既定の RDP リスナー (Rdp-tcp) が削除された後は、LogonTimeout 設定を設定することはできません。

現象

次のような状況を考えます。

  • Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで、リモート デスクトップ セッション ホスト役割サービスをインストールするとします。

  • コンピューター上の既定のリモート デスクトップ プロトコル (RDP) リスナー (Rdp-tcp) を削除するとします。

  • コンピューター上には、いくつかの新しいカスタマイズされた RDP リスナーを作成します。

  • 特定のリスナーの LogonTimeout を設定しようとするとします。

このシナリオでは、特定のリスナーの LogonTimeout の設定を設定できません。LogonTimeout レジストリ エントリは、ハード コーディングされた既定の RDP リスナーの位置と、コンピューター上のすべての RDP リスナーに適用されます。

原因

この問題は、既定のリスナーを削除するときに格納する LogonTimeout レジストリ エントリの場所が存在しないために発生します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×