この資料では、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) または Windows 7 SP1 で、Lsass.exe プロセスがクラッシュしたときに発生する問題について説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

原因

RPC では、処理を4に0の範囲であると予測される Lsass.exe 内のメソッドの値を返します。代わりに、その値4001されます。不安定で予測不可能な場合、これにより、ディレクトリ サービスと、組織全体に深刻な影響があります。

解決策

この問題を解決するには、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の修正プログラムをリリースしました。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の修正プログラムを取得します。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×