現象

Windows Server 2008 R2 ベースの Active Directory フォレストでスキーマの更新を実行することを想定しています。フォレスト内の Active Directory データベースのサイズは、100 ギガバイト (GB) などの大きな。このような場合は、フォレスト内のすべてのドメイン コント ローラーを同時にすべてのスキーマ キャッシュの更新可能性があります。したがって、ドメイン コント ローラーには、高い CPU 使用率が発生します。特に、Lsass.exe プロセスは、CPU 使用率のほとんどを使用します。これは、結果、ドメイン コント ローラーの応答性が低下します。

注 ドメイン コント ローラー上のほとんどの操作は、この現象の影響を受けます。

解決策

修正プログラムの情報

問題を解決するには、フォレスト内のすべてのドメイン コント ローラーにこの修正プログラムをインストールします。

この修正プログラムには、フォレストの管理者の決定を行う時点のポイントに、インデックスの作成を延期することができる新しい機能が導入されています。既定では、ドメイン コント ローラーは、レプリケーションによって適切なスキーマの変更を受信したときにインデックスを作成します。この修正プログラムを適用した後は、 dSHeuristics、新しい属性を使用してインデックスの作成を延期できます。この属性の詳細は次のとおりです。

  • 次のようになるまで、 dSHeuristics属性の 19 番目のバイトを1に設定します。

    • ドメイン コント ローラーは、UpdateSchemaNow の rootDSE mod を受信します。これは、スキーマ キャッシュの再構築をトリガーします。

    • ドメイン コント ローラーを再起動します。スキーマ キャッシュを再構築することが必要ですし、さらに、遅延のインデックスが再構築します。

    DSHeuristics属性の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

  • 遅延のインデックスの状態にあるすべての属性は、24 時間ごとにイベント ログに記録されます。次のイベントを記録すると、それに応じてより具体的に。

    • 2944: インデックスの遅延 (1 回のログに記録される)
      イベント メッセージは、次のようになります。

      スキーマの変更に関連付けられているインデックスの変更を延期するとします。

    • 2945: 保留中のインデックス (24 時間ごとに記録される)
      イベント メッセージは、次のようになります。

      以前のスキーマ変更に関連付けられているインデックスの変更は、まだ保留中です。これは、フォレスト全体にわたる ds ヒューリスティック フラグ fDisableAutoIndexingOnSchemaUpdate が設定されているためにです。このフラグを設定スキーマの更新プログラムでの属性の設定を自動的に既存のインデックス作成を無効にするとします。このドメイン コント ローラーから最適なパフォーマンスを確保するのに schemaUpdateNow の rootDSE の属性の変更を実行することにより、インデックスの作成を強制して 1 に設定します。これもオフにできます dsHeuristic fDisableAutoIndexingOnSchemaUpdate を 0 にし、ドメイン コント ローラー Windows Server 2008 R2 の SP1 を実行してリセットすることで、後は自動的に再構築インデックスと、この変更を受信しました。

    • 1137: インデックスは、(ログに記録された時間の 1 つ) を作成します。

    • 新しいイベントはありません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×