この資料では、Microsoft.NET Framework 2.0 Service Pack 2 (SP2) で入手できる修正プログラムのロールアップ 3106992 を説明します。修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

解決策

ダウンロード情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download X86 ベースのパッケージを今すぐダウンロードします。

Download X64 ベースのパッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

詳細

必要条件

この修正プログラムを適用するには、.NET Framework 2.0 SP2 がインストールされてが必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージには、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは交換してください。


この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

サポートされている x86 ベースのすべてのバージョンの Windows Server 2012 と Windows 8 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

system.data.dll

2.0.50727.8677

2,975,744

12-Nov-2015

01:01

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 と Windows 8 の

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

system.data.dll

2.0.50727.8677

3,150,336

12-Nov-2015

01:06

system.data.dll

2.0.50727.8677

2,975,744

12-Nov-2015

01:01



この修正プログラム ロールアップで修正される問題します。

問題 1この修正プログラムは、System.Data.dll 内の SQL Server 接続のトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.1 と 1.2 を使用できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×