Windows Server 2012 の WMF 4.0 の更新プログラム パッケージ

この資料では、Windows Management Framework (WMF) 4.0 の更新プログラムの新しい管理機能について説明します。この修正プログラムは、Windows Server 2012 を使用できます。

この修正プログラムでは、WMF 4.0 では次の機能と機能を使用することができます。

  • Windows PowerShell 4.0

  • Windows PowerShell には、状態の構成 (DSC) が必要な

  • Windows PowerShell ISE

  • Windows PowerShell Web サービス (とも呼ばれる管理 OData IIS 拡張機能)

  • Windows リモート管理 (WinRM)

  • Windows 管理インストルメンテーション (WMI)

  • サーバー マネージャーの WMI プロバイダー

  • (SIL) を記録するソフトウェアのインベントリ

修正プログラムの情報

マイクロソフトのダウンロード方法の詳細についてはファイルのサポートは、を参照してください。

このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この修正プログラムを適用する前に、 がインストールされている必要があります。

さらに、 のインストールが必要です。

レジストリ情報

このパッケージで修正プログラムを使用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この修正プログラムには、以前にリリースされた更新は交換してください。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

詳細

WMF 4.0 の更新プログラムで新しい管理機能の詳細については、 資料での「11 月の 2014 年の Windows PowerShell 4.0 の更新プログラム ロールアップ修正プログラム (KB 3000850)」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×