Windows Server 2012 R2 の csvfs.sys での HYPER-V ホストのクラッシュ

現象

特定のバックアップ アプリケーションでバックアップを実行するとき、csvfs.sys ファイルの処理で Windows Server 2012 R2 HYPER-V ホストがクラッシュするとします。

原因

この問題は、バックアップ ・ ソリューションは、クリーンアップ ファイル オブジェクトのCsvControlQueryFileRevisionの要求を送信する場合に発生します。そのような場合は、CSVFS がクラッシュするため、その内部の機能の 1 つは有効なファイル オブジェクトが渡されることを前提としています。

この更新プログラムの入手方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を通じて利用できます。Windows Update を実行する方法の詳細については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。


方法 2: マイクロソフトの更新プログラムのカタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトに移動します。


必要条件

この更新プログラムをインストールするのには、 2014 年 4 月の更新プログラムのロールアップ Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 (2919355) のWindows Server 2012 R2 のインストールが必要です。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。


再起動の必要性


この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。


更新プログラムの置き換えに関する情報


この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

注 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションに一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていない、セキュリティ カタログ ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。

x64 Windows Server 2012 R2

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Csvfs.sys

6.3.9600.18578

676,352

18-Jan-2017

14:54

x64

x64 Windows Server 2012 R2

ファイルのプロパティ

ファイル名

Amd64_afe3b1cfba0cb41998497a4b6e6a0b97_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18579_none_8e3b77eee7abe6ca.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

718

日付 (UTC)

20-Jan-2017

時刻 (UTC)

00:04

プラットフォーム

該当なし

ファイル名

Amd64_microsoft-windows-f..rcluster-csvfs-core_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18579_none_c704dde433585f08.manifest

ファイル バージョン

該当なし

ファイル サイズ

3,087

日付 (UTC)

19-Jan-2017

時刻 (UTC)

17:20

プラットフォーム

該当なし

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×