Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 で SSL のワークロードが高い時に、Lsass.exe プロセスでメモリ リークが発生します。

現象

集中化された証明書ストア機能を使用するときにメモリ リークが発生は、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 で Secure Sockets Layer (SSL) のワークロードが高い時に、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (Lsass.exe) で発生します。

解決策

この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。この問題は、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 でのみ確認されています、にもかかわらず、修正プログラムは Windows 8.1、Windows RT 8.1 では、Windows 8 にも適用されます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトのサポートから使用できます。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×