この資料では、Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターに接続するリモート デスクトップ プロトコル (RDP) セッションを作成するときに発生する問題について説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムでは、前提条件および再起動の必要性を持ちます。

現象

この問題が発生した場合、リモート デスクトップ サービス (RDS) のファームにログインすることはできません。さらに、ハード回復するサーバーを再起動する必要です。

解決策

この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。この問題は、Windows Server 2012 R2 でのみ確認されています、にもかかわらず、修正プログラムは Windows 8.1 にも適用されます。

修正プログラムの情報



重要 この修正プログラムをインストールした後、言語パックをインストールしない操作を行います。場合は、修正プログラムの言語固有の変更は適用されません、し、修正プログラムを再インストールする必要があります。詳細については、「」を参照してください。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×