現象

Microsoft .NET Framework 3.5 用のセキュリティ更新プログラム 2966827 または 2966828 (マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-046 に記載されています) をインストールした後に、[Windows の機能] でオプションの Microsoft .NET Framework 3.5 の機能を初めて有効にしようとしたときに、機能がインストールされません。Microsoft .NET Framework 3.5 の機能を追加する前にインストールを "段階的に実行" した場合にこのエラーが発生することがあります。

この問題が発生した場合、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示されることがあります。

エラー コード

エラー メッセージ

0x800F0906

ソース ファイルをダウンロードできませんでした。
機能の復元に必要なファイルの場所を指定するには、"source" オプションを使用してください。ソースの場所の指定の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243077 を参照してください。
DISM ログ ファイルは C:\Windows\Logs\DISM\dism.log にあります
必要な変更を完了できませんでした。

インターネットに接続して、必要なファイルをダウンロードできませんでした。インターネットに接続していることを確認し、[再試行] をクリックしてやり直してください。

1 つ以上の役割、役割サービス、または機能のインストールに失敗しました。
ソース ファイルが見つかりませんでした。役割と機能の追加ウィザードの新しいセッションで役割、役割サービス、または機能のインストールを再実行し、ウィザードの [確認] ページで [代替ソース パスの指定] をクリックして、インストールに必要なソース ファイルの有効な場所を指定してください。接続先のサーバーのコンピューター アカウントを使用してアクセスできる場所を指定する必要があります。
0x800F0906 - CBS_E_DOWNLOAD_FAILURE

0x800F081F

ソース ファイルが見つかりませんでした。
機能の復元に必要なファイルの場所を指定するには、"source" オプションを使用してください。ソースの場所の指定の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243077 を参照してください。
DISM ログ ファイルは C:\Windows\Logs\DISM\dism.log にあります
0x800F081F - CBS_E_SOURCE_MISSING
エラー コード: 0x800F081F
エラー: 0x800F081F

原因

この問題は、マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-046 の .NET Framework 3.5 用のセキュリティ更新プログラム 2966827 および 2966828 に必要なメタデータが、Microsoft .NET Framework 3.5 の機能がシステム上で有効になっているときにのみシステムに追加されるために発生します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、更新プログラム 3005628 によって解決されています。お客様の状況によっては、次のセクションに記載している回避策で問題を取り除くことができます。

回避策

この問題を解決するには、更新プログラム 3005628 をインストールします。この問題を回避するには、状況に応じて次のいずれかの回避策を使用します。

  • セキュリティ更新プログラム 2966827 または 2966828 をインストールする前に Microsoft .NET Framework 3.5 の機能を有効にします。Windows の機能を有効化または無効化する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

    Windows の機能を有効化または無効化する展開イメージのサービスと管理 (DISM) またはサポートされている任意の管理更新システムを使用して Microsoft .NET Framework 3.5 の機能を追加することもできます。DISM を使用して .NET Framework 3.5 を展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

    展開イメージのサービスと管理 (DISM) を使用して .NET Framework 3.5 を展開する

  • セキュリティ更新プログラム 2966827 または 2966828 がシステムに既にインストールされている場合は、更新プログラムを一時的にアンインストールし、.NET Framework 3.5 を有効にしてからセキュリティ更新プログラムを再インストールします。

  • Windows Server Update Services (WSUS)、Microsoft Intune、または System Center Configuration Manager の環境でこの動作が発生する場合は、次のドキュメントを参照してください。

詳細

この資料の情報は、次の製品にも適用されます。

  • Microsoft .NET Framework 3.5

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×