Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の修正プログラム 3199763 があります。

概要

Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の修正プログラム 3199763 があります。この更新プログラム パッケージには、AppFabric 1.1 で提供されているホスティング サービスのいくつかの問題が修正されます。これらの問題の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

この更新プログラムには、すべての機能と Windows サーバーの AppFabric 1.1 の以前のバージョンの累積的な更新プログラムに含まれる修正プログラムが含まれています。詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

  • 3092423: 累積的な更新 7 マイクロソフト AppFabric 1.1 の Windows サーバーの

  • 3042099: 累積的な更新 6 Microsoft AppFabric 1.1 の Windows サーバーの

  • 2932678: 累積的な更新 5 の AppFabric 1.1 を Microsoft Windows サーバーの

  • 2800726: 累積的な更新 4 Microsoft AppFabric 1.1 の Windows サーバーの

  • 2787717: 累積的な更新 3 Microsoft AppFabric 1.1 の Windows サーバーの

  • 2716015: 累積的な更新 2 マイクロソフト AppFabric 1.1 の Windows サーバーの

  • 2671763: 累積的な更新 (1) マイクロソフトの AppFabric 1.1 の Windows サーバーの


詳細

この更新プログラムで修正される問題

問題をホストしています。

問題 1:

特定の状況で発生するメモリ リークを固定します。AppFabric に依存するサービスは、応答性が、時間の経過とともに蓄積される破棄されていないオブジェクトでこの結果します。この問題では、依存するサービスがスケジュールされた AppFabric サーバーのダウンタイムと同期されていないダウンタイムのシナリオでより顕著に表れます。

2 を発行します。

断続的なクラッシュ問題を修正します。シナリオでは、AppFabric サーバーが、いくつかの依存するサービスおよび多くの永続化されたワークフローを持っている必要があります。クラッシュはまれですが、通常の起動中に発生します。

3 を発行します。

ワークフローのバージョン管理に関連付けられている ETW イベントが存在する場合は、AppFabric イベント コレクション サービスのクラッシュを修正しました。AppFabric ダッシュ ボードで監視されるワークフロー インスタンスは、ワークフローのバージョン管理を使用して、イベント コレクション サービスを認識しない ETW イベントが生成されます。これにより、イベント コレクション サービスがクラッシュします。

解像度: この修正プログラムを適用すると、AppFabric イベント コレクション サービスが新しい ETW イベントは、認識し、クラッシュすることはできます。

Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft にこの更新プログラム パッケージを取得する方法

ダウンロード情報

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Download パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

システム要件

サポートされているオペレーティング ・ システム

この更新プログラムは、Windows Vista Service Pack 2 (SP2)、Windows 7、Windows 8 の、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 では、Windows Server 2012 R2 のいずれかに適用できます。

AppFabric は、次のオペレーティング システムにインストールできます。

  • Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2008 R2 SP2

AppFabric には、開発のためにインストールされ、次のオペレーティング システムでテストができます。

  • Windows 8

  • Windows 7 の場合

  • Windows Vista SP2

サポートされているアーキテクチャ
  • 32-bit (x86)

  • 64-bit (x64)

アクセス許可の要件

この更新プログラムを適用する前にソフトウェアをインストールするコンピューターの管理者資格情報が必要です。

必要条件

この更新プログラム パッケージを適用するには、インストールされている Windows server AppFabric 1.1 が必要です。さらに、Microsoft.NET Framework 4.5 のインストールが必要です。

再起動の必要性

この更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

関連情報

Windows server AppFabric 1.1 の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

AppFabric 1.1 を導入すること。接続文字列と構成ファイルの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

接続文字列と構成ファイルWindows Server AppFabric ダッシュ ボード ページの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

Windows Server AppFabric ダッシュ ボード ページAppFabric 構成ウィザードの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

Windows Server AppFabric 構成ウィザードAppFabric を構成する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

Windows server AppFabric 1.1 を構成する方法に関する一般情報詳細についてはマイクロソフト製品の更新プログラムを記述するために使用される用語について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×