画面上の項目が見にくい場合は、カラー フィルターを適用します。 カラー フィルターでは、画面のカラー パレットを変更し、色だけが異なる項目を見分けやすくします。

カラー フィルターを使うには:

  1. コンピューターの [アクセシビリティ] 設定に移動するには、Windows ロゴ キーを押しながら Uキーを押するか、[アクセシビリティ] の [スタート] >設定>します

    Windows 11 のアクセシビリティ設定
  2. [カラーフィルター] を選択 します。

  3. [カラー フィルター ] スイッチを オンにします。

  4. 一覧からカラー フィルターを選択します。 最適なフィルターを確認するために、各フィルターをお試しください。

    Windows 11 色フィルターの設定

[カラー フィルター] に移動する

カラー フィルターを使うには:

  1. [スタート] [設定] [コンピューターの簡単操作][カラーフィルター] の順に選択します。

  2. [カラー フィルターをオンにする] でトグルをオンに切り替えます。

  3. 次に、メニューからカラー フィルターを選択します。 最適なフィルターを確認するために、各フィルターをお試しください。

注: 以前のバージョンの Windows 10 でカラー フィルターの設定にアクセスするには、[スタート] > 設定>簡単操作>色] &ハイ コントラスト を  選択します

[カラー フィルター] に移動する

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×