ディスプレイからはブルー ライト (日中のような光) が放出されるため、夜間に眠りを妨げる可能性があります。 眠りやすくするため、夜間モードをオンにすると、夜間は目に優しい暖かい色が表示されます。 お使いのデバイスで特定のドライバー (DisplayLink または基本ディスプレイ) を使用している場合は、夜間モードを利用できません。

夜間モードが自動的にオンになるようにスケジュールするには、次の操作を行います。

  1. [スタート] を選択し、検索ボックスに設定を入力します。 [システム設定>表示]>[夜間>]を選択します。 夜間モードのスイッチが灰色表示されている場合は、ディスプレイ ドライバーを更新する必要がある可能性があります。 「Update drivers in Windows 」を参照してください

  2. [夜間モードのスケジュール] をオンにする。 次に、[日没から朝まで] または [時間の設定] のいずれかを選択して、夜間モードのオンとオフを切り替えるためのユーザー設定時刻を入力します。
    [夜間モードのスケジュール] トグルがオンになっている [夜間モード] ページが表示され、その下で [時間の設定] が選択されています。

夜間の設定を開く

夜間モードが自動的にオンになるようにスケジュールするには、次の操作を行います。

  1. [スタート]   > [設定]  > [システム] > [ディスプレイ] > [夜間モード設定] の順に選択します。 リンクの上の夜間モードのスイッチが灰色表示されている場合は、ディスプレイ ドライバーを更新する必要がある可能性があります。 「Update drivers in Windows 10 」を参照してください

  2. [スケジュール] の下で、[夜間モードのスケジュール] スイッチを [オン] にします。 次に、[日没から朝まで] または [時間の設定] のいずれかを選択して、夜間モードのオンとオフを切り替えるためのユーザー設定時刻を入力します。 代替テキスト

夜間の設定を開く

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×